株主総会の分散化進む 過去最低の前年下回る

印刷

   2017年3月期の決算発表を行う企業のうち、株主総会を集中日の6月29日に開催する企業は、全体の29.9%になることがわかった。5月19日、東京証券取引所が明らかにした。

   集中率は過去最低だった2016年の32.2%を下回り、とうとう30%を割った。株主総会の分散化が進んでいる。

  • 上場企業の株主総会、分散化が進む(画像は、東京証券取引所)
    上場企業の株主総会、分散化が進む(画像は、東京証券取引所)

かつては「総会屋」対策で8~9割の企業が集中

   東証によると、対象は5月19日までに回答のあった1977社。

   株主総会は、1980~90年代は進行を妨げる「総会屋」対策として、8~9割の企業が集中日に開催していた。1995年の96.2%がピークだった。東証は、「当該日における集中度合いは、引き続き減少傾向にあります」としている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中