2020年 9月 23日 (水)

その17 ノンアルコールビール 【こんなものいらない!?】

「やずや開発『にんにくしじみ』が凄い」え、初回1日約32円!

子供に飲んでほしくない。でも、飲むなとは言いにくい

   ビール各社のノンアルコールビールの缶を眺めているうちに、ちょっと不思議なことに気づいた。

   「特定保健用食品」(トクホ)と称する一部のノンアルビールを除いて、申し合わせたように「この商品は20歳以上の方の飲用を想定して開発しました」と書いてある。「この商品は」のところだけが「当商品は」「この製品は」と、会社によって少しだけ違っている。

   ノンアルコールだから、子供も飲んでいいはずなのに、なぜ20歳以上の飲用を想定して開発したのか。

   想像するところ、ノンアルコールとはいえ、「ビール」と名づけている以上、子供には飲んでほしくない。何か面倒が起きるかもしれない。でも、飲むなとは言いにくい。そこで、ビール各社と役所が相談した結果、こんな回りくどい表現が生まれてきたのではないだろうか。

   ビールとは本来、アルコール飲料のことである。そこに無理やり、ノンアルコールという意味が逆の表現をくっつける。「アルコール0.00%」で、ジュースと同じなのに、子供には飲まないように圧力? をかける。

   ノンアルビールはしょせん、お天道様の下を胸を張って歩けるやからではないのである。(岩城元)

※ 「こんなものいらない!?」委員会は、みなさまからのご意見をお聞きしています。ぜひ、下記のワンクリック投票にご参加ください。

岩城 元(いわき・はじむ)
岩城 元(いわき・はじむ)
1940年大阪府生まれ。京都大学卒業後、1963年から2000年まで朝日新聞社勤務。主として経済記者。2001年から14年まで中国に滞在。ハルビン理工大学、広西師範大学や、自分でつくった塾で日本語を教える。現在、無職。唯一の肩書は「一般社団法人 健康・長寿国際交流協会 理事」
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中