パスポートに「旧姓併記」OK 女性活躍推進の一手となるか

印刷

   女性が社会で活躍していくための「好循環」を生み出していく施策、「女性活躍加速のための重点方針 2017」を、すべての女性が輝く社会づくり本部が2017年6月6日に決定した。

   その一つ、「女性活躍の視点に立った制度等の整備」では、マイナンバーカードやパスポートなどで「旧姓」を併記できるようにした。このニュースに、ツイッターには「やった~」と、歓迎の声が寄せられた。

  • 「女性活躍」で、パスポートの旧姓併記がOKに!
    「女性活躍」で、パスポートの旧姓併記がOKに!

「これは大きな一歩!」

   女性にとって、結婚は人生の一大イベント。結婚式や披露宴、新婚旅行など、晴れの舞台が用意されていることもあるが、婚姻届を提出したり、昔ほどではないが、両家との「お付き合い」がはじまったりと億劫なことがないわけではない。女性はいろいろと面倒で大変なのだ。

   結婚すると、銀行口座やクレジットカードの名義変更など、繁雑な手続きが少なからずある。多くの場合は、女性が変えることになり、パスポートもその例外ではなかった。 ところが、2019年度からは「希望すれば誰でも」旧姓を併記できるようになるという。政府が「女性活躍加速のための重点方針」に、パスポートの旧姓併記を盛り込み、今後、旅券法を改正する予定だ。

   重点方針によると、マイナンバーカードも旧姓を併記できるようするほか、銀行口座などでも旧姓が使えるように進めるという。

   パスポートへの旧姓の表記には、これまでは「旧姓で仕事をしていることを示す会社の証明書」などが必要になり、2016年に発行されたパスポートで旧姓が表記されたものは1%にも満たなかったとされる。

ツイッターでは、

「やっとか~~~~~~!!!というか(旧姓併記ができるよう)国連から言われてたのかー!!!」
「パスポートに旧姓併記できるの、知らなかった!住民票にもできるようになるのは嬉しいね。夫婦別姓にできるようになるのが、一番嬉しいけどね」
「これは大きな一歩!そもそも、結婚で名字が変わったらパスポートを再取得しないといけない制度自体が意味不明だし、女性の活躍というなら一番に着手すべきなのがこの婚姻による改姓の部分だと思います」

といった歓迎の声があがっていた。

パスポートの旧姓併記で、女性活躍が加速???

   なかでも、フリーランスや旧姓のままキャリアを積んでいる女性たちからの反響は大きく、

「朗報! フリーランスで旧姓利用証明書を所属先から取得できない人にも、かなりありがたいです。非常勤のドクターや資格職も助かると思います」
「学会発表の名前をそのままにしてると、パスポートの名前と違うから手続き面倒なことがあったり。銀行口座とクレジットカードそのままは嬉しいですね! わたしまだパスポートが旧姓なので、銀行口座とクレジットカードも一個旧姓版残してます」

といった声が。

   その半面、

「女性活躍加速とパスポート旧姓併記との関係性がイマイチ分からん。旧姓の問題は男性も同じ(はず、という前提で夫婦別姓制を否定している)」
「よくわからない。パスポートに旧姓併記すると、何故女性活躍を加速するのか? バタフライエフェクトでしょうか? 」

と、疑問視する声もある。

 

   また、実際にひと足先に旧姓を併記してあるパスポートを持っている女性からは、

「一般人もパスポートは旧姓併記できるようにするという報道。アタシそういうパスポート持ってるけど、『併記』の内実はカッコ書きの旧姓だから、入国カードにも書けず、実質的に効力ほぼゼロ。そんなことになぜ莫大な費用使うの?」
「パスポート旧姓併記だけど、これ海外ではミドルネームと受け止められるので、公的証明とも一致しなくなるし、たまにクレジットカードにミドルネームがないと言われたり、かえって面倒くさい」

などと、「意外に使えない」という声もあった。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中