「雑用」なんて断れ! そんなダメ会社、キミが変えろ!! (江上剛)

印刷
「入社3年目になります。4月になり、新人が配属されてきました。とはいえ、部署のみんなは頼みやすいのか、相変わらず雑用を回してきます。これまでも、そのくらい自分でやってよと思うことがあったのですが、頼まれるとなかなか断れません。断る術を教えてください」

   雑用というのは、どんなものかな。コピー取りやお茶出しなのかな......

  • イマドキ、お茶くらい自分で淹れますよ。
    イマドキ、お茶くらい自分で淹れますよ。

そのうち、仕事で新人に追い抜かれる

   そんなもの断りなさいよ。イマドキ、そんな雑用を後輩にやらせている会社ってどんな会社だって思いますよ。

   また、それを新人にやらせようというのも賛成しない。順繰りに先輩の靴を洗う高校の野球部みたいだものね。

   新人が入ってきたことをきっかけに上司に言って、雑用を他人に押し付けるという会社の風土を改革するといい。

   そんなこと、怖くてできないって? でもそうしなけりゃ、あなたが潰れるよ。

   仕事は3年目になり、どんどん多く、質も高いものを要求されたりするようになる。ところが、雑用に時間を取られる。結果として3年目として期待される成果を上げられない。

   こんな悪循環を繰り返していると、あなたは真面目に仕事をしているのに評価で報われず、その新人にも追い抜かれてしまうだろう。

江上 剛
江上 剛(えがみ・ごう)
作家。1954年兵庫県生まれ。早稲田大学卒業後、第一勧業銀行(現・みずほ銀行)入行。同行築地支店長などを務める。2002年『非情銀行』で作家としてデビュー。03年に銀行を退職。『不当買収』『企業戦士』『小説 金融庁』など経済小説を数多く発表する。ビジネス書も手がけ、近著に『会社という病』(講談社+α新書)がある。
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中