2022年 7月 5日 (火)

1億円超の役員報酬、過去最高の457人 上位5人は外国人経営者

建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

好調な電機メーカー、パナソニック1人から10人に

   東京商工リサーチによると、役員報酬1億円以上の個別開示を実施した221社(人数457人)のうち、個別開示人数が最も多かったのは三菱電機の22人。前年から1人減少したが、2014年3月期以降、4年連続でトップ。また、3年連続で20人台に乗せた。

   次いで、伊藤忠商事が11人。ファナック、ソニー、パナソニックがそれぞれ10人。東京エレクトロンは9人だった。

   さらに、大和証券グループ本社、野村ホールディングス、バンダイナムコホールディングス、日立製作所、大和ハウス工業、三菱UFJフィナンシャル・グループ(FG)は、それぞれ7人で続く。

   伊藤忠商事のほか、ソニー、バンダイナムコホールディングス、日立製作所、大和ハウス工業、三菱UFJFGなど28社で、開示人数が前年を上回った。なかでも、ソニー(3→10人)やパナソニック(1→10人)など、電気機器メーカーで開示人数が大幅に増えた。

   こうした結果に、インターネットの掲示板などには、

「こんなに金儲けてなにするんだろうな... まっ持ってて損はないかw」

「上場企業の社長の大半が年収1億に届かないのか。格差社会だなあ」

「役員報酬は下げられるしゼロにもできる。社員の給与は下げられないしクビにもできない。最初から保障されてる部分が全然違う」

「おこぼれでいいwww」

「アベノミクスの成果だなw」

「社員からは不満ばかりたろ? 金はあの世に持ってけないぞ」

   といった声が。うらやましがったり、やっかんでみたりしている。

コメント欄は2022年8月23日から、システムを移行します。詳しくはお知らせをご確認ください。
姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中