2021年 5月 8日 (土)

私がバカでした... 社長にはわからんでしょうね、社員の怒りや悔しさが!

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

会社は「オーナー家だけのものでない」

   タカタの場合も同じことが言えます。エアバッグ製品のリコールに関しては自動車メーカーにおんぶにだっこ状態であるのをいいことに、遅々として調査、改善に本腰を入れませんでした。さらには、自主再建の道が険しくなり会社整理の方向が見えた時点で、高田社長は執拗に私的整理にこだわるなど、会社の資産をいたずらに減らすことなく万が一の会社整理の段階に至ろうとも、創業家の利益を少しでも多く確保せんとする姿勢が見てとれました。

   会社は誰のものか? 人が感情をめぐらせて会社経営をする限り、これは永遠不滅のテーマであります。経営者がいかに経営権を握っていようとも、創業家から見て他人である従業員、同様に他人である株主がステークホルダーとして企業に参画した段階から、経営者を含むオーナー家の利益を優先するような舵取りは、企業経営者として失格であると言わざるを得ないでしょう。

   タカタの民事再生法の申請後に開かれた株主総会では、高田社長のあまりに身勝手な経営に対して批判が相次ぎ、「家屋を含めた私財を投げうって還元する気はないのか」との質問が投げかけられました。

   しかし、これに対する社長の回答はなし。

   先のO社廃業で職を失った元社員は、

「オーナー家が生き延びるために、われわれが犠牲になる、そんな理不尽な経営者についていった私がバカでした」

と無念の表情で話していました。

   会社は誰のものか? この問いに、オーナー家だけのものでないということは、企業の大小を問わず、すべての経営者に認識していただきたい事実です。(大関暁夫)

大関暁夫(おおぜき・あけお)
スタジオ02代表。銀行支店長、上場ベンチャー企業役員などを歴任。企業コンサルティングと事業オーナー(複合ランドリービジネス、外食産業“青山カレー工房”“熊谷かれーぱん”)の二足の草鞋で多忙な日々を過ごす。近著に「できる人だけが知っている仕事のコツと法則51」(エレファントブックス)。連載執筆にあたり経営者から若手に至るまで、仕事の悩みを募集中。趣味は70年代洋楽と中央競馬。ブログ「熊谷の社長日記」はBLOGOSにも掲載中。
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中