2021年 1月 17日 (日)

地方で実感、東京の「クルマ見せびらかし地獄」はしんどいぞ

無料保険相談で【A5ランク黒毛和牛】必ずもらえるチャンス!

高級車は結婚生活には荷が重い

   そんな記憶があるせいか、先日、関西の田舎を走って驚いた。日産やトヨタの大衆車が前を通り過ぎ、軽自動車もたくさん走っている。ここでは誰も張り合ってなどいない。クルマは単なる移動手段に「成り下がり」(もちろん、よい意味だ)、人を載せて走っているだけ。見栄やプライドなどみじんも感じない。思わず「なんだか安心する」と口走った。同行の友人は東京出身で、それを聞いて不思議に思ったらしい。

   「東京って、そんなに高級車が多い?」と聞くので私は、「うん。多いよ。東京ではみんながクルマを見せびらかしているみたいで、居心地が悪い」とバッサリいってしまった。きっと友人は、気分を害したと思う。すみません。が、私にとってやっぱりクルマは移動手段にすぎないから、高級車が闊歩する都心にいると、妙にそわそわしてしまうのだ。

   結婚相手が所有していた高級車は、その後、生活苦から手放すことになった。毎月のローンにハイオクのガソリン代、ウン万円もする駐車場代が、結婚生活には重荷すぎたのだ。売却後も、100万円を超える「高級ローン」だけが残ったのは苦い思い出である。(北条かや)

北条かや
北条かや(ほうじょう・かや)
1986年、金沢生まれ。京都大学大学院文学研究科修了。近著『インターネットで死ぬということ』ほか、『本当は結婚したくないのだ症候群』『整形した女は幸せになっているのか』『キャバ嬢の社会学』などがある。
【Twitter】@kaya_hojo
【ブログ】コスプレで女やってますけど
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中