5月の機械受注、3.1%減 基調判断8か月ぶり下方修正

印刷

   内閣府が2017年7月10日に発表した「機械受注統計調査報告」によると、5月の機械受注の総額は、前月比3.1%減の2兆2246億円だった。

   鉄道の設備更新の一巡したことなどで、「運輸・郵便事業で大型案件の受注が減ったことが響いた。

  • 5月の機械受注、製造業は伸びたが……
    5月の機械受注、製造業は伸びたが……

鉄道車両の受注、今年はまだゼロ

   民間設備投資の先行指標である「船舶・電力を除く民需」の動向をみると、5月は前月比3.6%減の8055億円。2か月連続の前月割れ。このうち、製造業は1.0%増の3656億円だったが、非製造業(除く船舶・電力)は5.1%減の4473億円となった。

   内閣府は、基調判断を「持ち直しの動きに足踏みがみられる」から「足踏みがみられる」へ、8か月ぶりに下方修正した。

   5月の減少について、内閣府はJ‐CASTニュースに、「製造業は伸びているが、非製造業で伸び悩んでいる」と話した。

   製造業はゆるやかながらも伸びているが、非製造業では3か月連続で前月を下回った。2016年度は運輸業で鉄道車両といった大型受注があったものの、今年度はまだ1件も入ってきていないことが非製造業、なかでも運輸・郵便業が伸び悩んでいる理由だという。運輸・郵便業では前月比マイナス21.7%となっている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中