働き盛り世帯に「貯蓄格差」 4人に1人は「100万円以下」の悲惨

印刷

   夏のボーナスシーズン、真っ只中。「何を買おう!」「いや、まずは貯金」「旅行に行こう!」などと、ボーナスの使い道に思いをめぐらせている人は少なくないだろう。

   そうしたなか、楽天市場が今夏のボーナスの使い道を調査した。

  • 貯蓄するのも大変だ!
    貯蓄するのも大変だ!

「貯められる人」「貯められない人」二極化

   楽天市場の「2017年 夫婦のお財布管理調査」(6月2~4日、30~40代の既婚者男女400人にアンケート調査を実施)によると、今夏のボーナスの使い道の1位は「貯蓄」だった(72.3%)。

   2位は「生活費の補填」(31.1%)、3位「ローンなどの返済」(29.1%)と続いた。レジャーや旅行で思い切って使うという人は少なく、堅実に暮らす家庭が大半のようだ。

   ただ、「うちはボーナスとは無縁だ」と、そもそもボーナスをもらえなかった人もいないわけではない。

   とはいえ、1位が「貯蓄」と聞いて、気になるのはその貯蓄額だ。楽天市場の「あなたの世帯の貯蓄額は大体いくらですか」との質問に、「100万円以下」と答えた人は25%、「101万~999万円」が50%。「1000万円以上」は25%だった。

   4人に1人が「貯蓄100万円以下」である一方、4人に1人は「1000万円以上」と、二極化している。

   さらに「貯蓄100万円以下」では「貯蓄50万円台以下」と答えた人の割合が10人に1人となり、生活費1?2か月分の貯蓄もない状況にある。

   「101万~999万円」という「中間層」の貯蓄平均額は565万1200円となったが、家庭によって、かなりの「貯蓄格差」があることがわかった。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中