退職してもストレスは溜まる 辞める前にまず休む、そしてスポーツ(江上剛)

印刷
この春入社の新入社員です。就職活動で頑張って希望どおりの会社に入り、営業を担当していますが、今の仕事に就いてから体調が優れません。精神的にも不安定なことが多くなったように思います。最初は慣れない仕事のためと思っていましたが、理不尽なことで上司や先輩に叱責されることも少なくなく、自分でもわからないうちにストレスを溜め込んでしまったのかもしれません。友人らには退職を勧められたのですが、まだ入社して3か月にもなりません。迷っています。

   「3日、3か月、3年」と、昔は言いました。我慢すればいいという考えでしたからね。

  • 新たな仲間と走るのもいいかも!
    新たな仲間と走るのもいいかも!

「引きこもりリスク」高まるかも......

   私は、「3年我慢すれば、定年まで勤務できる」という言葉を、呪文のように唱えていました。

   結局、以前勤めていた会社を、勤続26年で退職してしまいましたが......。

   あなたの場合は、原因の分からない不調なんですね。イジメもないし、職場もご自分の希望した会社ですものね。

   やはり慣れない仕事でのストレスだと思いますよ。誰にでもあります。そのストレスは。無理に我慢してはいけません。

   現状から抜け出す方法として、退職するのもいいのでしょうが、3か月での退職は、スキルも人脈もなにもないですから、次の仕事を探すストレスで、それこそ引きこもりになってしまいます。

   あまりイマ風じゃないかもしれませんが、ここはグッと耐えるほうがいいと思います。

   最悪な状況なのであれば、しばらく休んでもいいでしょう。とにかく、体調を整えることを第一に考えたほうがいいと思います。

まったく新しい仲間と仕事を離れた時間を過ごす

   私が勧めるのは、ランニング、サッカー、野球などのスポーツですね。それも仲間をつくって一緒にやることです。

   なにも同じ職場の仲間でなくてもいいですよ。むしろ同じ職場や同業でないほうがいい。今はSNSでランニングや野球など、同好の友を至るところで募集していますから、そこに参加するのをオススメします。

   まったく新しい仲間と仕事を離れた時間を過ごす。そこではハンドルネームで呼び合い、仕事の利害関係は一切ない。そんな仲間とスポーツで汗を流す。ストレス解消に最高です。

   精神科の専門医が、私にアドバイスをくれたことですが、一定の運動をすることで海馬(学習能力などの脳の器官。うつ病になると萎縮すると言われる)が太るそうなのです。 海馬が太れば、気持ちも晴れ晴れしてきます。

   騙されたと思って、何かスポーツをやりましょう。ちなみに、酒や愚痴に逃避するのは最低です。(江上剛)

江上 剛
江上 剛(えがみ・ごう)
作家。1954年兵庫県生まれ。早稲田大学卒業後、第一勧業銀行(現・みずほ銀行)入行。同行築地支店長などを務める。2002年『非情銀行』で作家としてデビュー。03年に銀行を退職。『不当買収』『企業戦士』『小説 金融庁』など経済小説を数多く発表する。ビジネス書も手がけ、近著に『会社という病』(講談社+α新書)がある。
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中