ああ~ 恋しいビル、許しておくれ MacPC、見た目で買って大失敗!?

印刷

   2017年5月、ついに念願のMacBook Airを購入した。昔から「見た目が素晴らしい」と思っていたうえ、少し前に購入したiPhone7が非常に使いやすいので、「Macも使いこなせるだろう」と思ったのだ。

   ところが、それが大きな間違いであったことに......

  • 美しいジョブズにイライラ!
    美しいジョブズにイライラ!

こんな難しいマシン、自分にはムリだ!

   当たり前だが、iPhoneが好きだからといって、Macのパソコンが使いこなせるというのは、単なる思い上がりであった。同じ会社がつくったモノではあるが、iPhoneとMacパソコンは、まったくの別物だ。

   小学生の頃から20年もWindowsに親しみ、かなり使いこなしていた(と自負している)わが指には、Macのすべてがなじまなかった。

   頑張って慣れようにもキーボードが違うので、何度もタイプミスをしてしまう。原稿が進まない。デスクトップを切り替える方法が違うので、マルチタスクが不便で仕方ない。

   Windowsではすぐに見つけられたファイルが、どこにあるかわからない。「どうして、Macではこんなことができないのか」と、戸惑うばかりだった。

   おまけに、編集者から送られてきたファイルが開けない。「申し訳ございません。添付ファイルが開けないようです」と、メールをする時の、手間と罪悪感といったらなかった。Macパソコンの見た目は非常に気に入っているが、正直、見た目がキレイなだけで仕事はできない。

   ちょっと収入がアップしたからといって、20年連れ添った「糟糠の妻」(ビル・ゲイツのWindows)を捨てて、若くてデザインの美しい恋人(スティーブ・ジョブズのMac)へ走ったのがバカだった。

   後悔先に立たずとはこのこと。20年ものあいだに「あうんの呼吸」を築いた元妻、ビル・ゲイツとの関係は、切っても切れなかったのだ。見た目こそイマイチだが、やっぱり元妻が恋しい。

Windows は20年連れ添った「糟糠の妻」

   というわけで、まずは美しいMacBook Airに、使い慣れたWindows10をインストールしてやった。「新しい恋人に、元妻の味噌汁をつくらせて、昔の快適さを味わおう」という魂胆である。

   ところが、OSをWindowsに変えても、いちばん大事なキーボードが変わらないので、使い心地は悪いままだった。

   「私は元妻の味噌汁が飲みたいんだよ! どうしてうまくつくれないのか!」と、イライラしてしまうのである。なんとも情けないし、Macのほうでも、無理やり元妻のレシピを押し付けられて、嫌気が差していただろう。「知らないわよ、あんたが勝手に、長年連れ添った奥さんを捨てて私のところへ来たたんでしょ」という感じである。

   そこで今度は、若くてキレイな恋人、Macに、外付けでWindowsのキーボードをつなげてやった。ディスプレイも見やすい別の物を買ってきて繋いだ。

   きらびやかなMacは完全に観賞用となり、私はすべてをWindowsで済ませる生活に戻ったのだ。やはり元妻、ビル・ゲイツより素晴らしいパートナーはいなかった。最初から浮気などせずに、ビル・ゲイツの元へとどまるべきだったのだ。ジョブズの美しさもいいが、ゲイツを失ってから、その空気のような快適さに気がついた次第である。

   Macユーザーからすれば「こんなに美しいMacが使いこなせないなんて......」と思われるだろうが、私にとってこの体験は、恋愛よろしく感覚的なものだったから、仕方ない。ああ、今日も手に馴染むWindowsで、私は糟糠の妻との穏やかな日常を噛み締めている。(北条かや)

北条かや
北条かや(ほうじょう・かや)
1986年、金沢生まれ。京都大学大学院文学研究科修了。近著『インターネットで死ぬということ』ほか、『本当は結婚したくないのだ症候群』『整形した女は幸せになっているのか』『キャバ嬢の社会学』などがある。
【Twitter】@kaya_hojo
【ブログ】コスプレで女やってますけど
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

J-CAST Blog 略して「Jブロ」
J-CASTがオススメするブログを紹介!
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中