2018年 7月 24日 (火)

6月の住宅着工件数、前年比1.7%増 分譲が好調

印刷

   2017年6月の住宅着工数は、前年同月と比べて1.7%増の8万7456戸だった。国土交通省が7月31日、住宅着工統計を発表した。

   分譲マンションで大きく増加、分譲一戸建て住宅は20か月連続増加となった。同省は今後について、「引き続き動向を注視していく必要がある」としている。

  • 分譲住宅の着工が好調だった
    分譲住宅の着工が好調だった

貸家、20か月ぶりの減少

   6月は分譲マンションで大規模物件があり、全体を押し上げた。前年同月と比べて27.1%増となった。また、分譲一戸建て住宅では4.8%増加で、20か月連続の増加。土地取得が計画的に行われていることから、順調に着工できている。分譲住宅全体では15.5%増で、前月の減少から再び増加となった。

   一方、持ち家は3か月ぶりの減少で前年比3.4%減だった。国土交通省はJ‐CASTニュースの8月1日の取材に、持家について「今年度に入ってから上がり下がりしており、注視している」と話した。

   また、貸家は2.6%減で20か月ぶりに減少した。同省は貸家についても、「首都圏、近畿圏、中部圏で、中小規模の物件が大きく減少している」と説明した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中