イオン、「いま必要とされる」114品を値下げ 25日から

印刷

   イオンは2017年8月25日から、「イオン」や「ダイエー」、「マックスバリュ」など全国約2800店舗でイオンブランド「トップバリュ」の商品114品目を値下げする。23日に発表した。

   ヨーグルトや冷凍食品、パックごはん、トイレットペーパーなど、毎日の生活に必要な品々を厳選。消費者の購入頻度が高い、「いま必要とされる商品」を値下げする。

  • イオン「トップバリュ」、114品を値下げ
    イオン「トップバリュ」、114品を値下げ

「お買い得だと思ってもらえるように」

   値下げした商品は、食品が88品目、リカー(お酒全般)が7品目、日用品19品目にのぼる。

   値下げ率は2.7%~25.1%で、たとえば、現行425円の「パックごはん 新潟県産コシヒカリ」を398円(値引き率6.4%)に。また、「ギョーザ(冷凍食品)」は現行の178円を158円(11.2%)に、値下げする(価格は、いずれも税別)。

   イオンは、8月24日のJ‐CASTニュースの取材に「できるだけ『お買い得』だと思ってもらえるようにしたいからです」と、値下げの理由を話した。同社にとっては3~4月に続く値下げで、「節約」への意識が根強い消費者をつなぎとめる狙いがある。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中