2018年 7月 21日 (土)

無印良品に酷似 カインズの「収納棚」に販売差し止め命令

印刷

   自社が販売している「収納棚」と酷似しているとして、生活雑貨の「無印良品」ブランドを展開する良品計画が、ホームセンターチェーンのカインズに販売差し止めを求めた裁判の判決が2017年8月31日、言い渡された。

   判決は、無印良品の収納棚の形態が消費者に広く認知されていることから、「これに類似するカインズの商品は、消費者の誤認混同を引き起こす」として、カインズ商品の販売の差し止めを命じた。

  • 良品計画は「勝訴」を発表(画像は「無印良品」のホームページから)
    良品計画は「勝訴」を発表(画像は「無印良品」のホームページから)

カインズ「納得していない」

   この訴訟は、良品計画から発売されている収納家具シリーズで1997年から販売されている「ステンレスユニットシェルフ」と「スチールユニットシェルフ」の形態が、カインズが2013年から販売している「ジョイントシステムシェルフ」と酷似していることから、良品計画が不正競争防止法違反を理由に、カインズ商品の販売の差し止めを求めていた。

   判決を受けて、良品計画はJ‐CASTニュースの9月1日の取材に、「当社の主張が認められた」とコメント。一方、カインズは「納得していないので、今後については検討中です」と話している。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中