「月曜の朝に頑張る」作戦で勝つ! サラリーマン英語のタイムマネジメント(28)

印刷

   日々、仕事に追われるサラリーマンにとって、「いつ英語の勉強をするか」が一番の悩みどころでしょう。

   「よし、今日こそは勉強するぞ!」と決意をした日ほど、急な残業が入る。週末に落ち着いて勉強しようと思っても、気がついたらもう日曜日の夕方...... そんな失敗を山ほど繰り返して、私がたどりついたのは「月曜の朝に頑張る」作戦でした。

  • 「月曜日の朝にがんばる」
    「月曜日の朝にがんばる」

秘策その7 月曜日の朝にできるだけ頑張る!

   TOEIC L&Rの3か月集中レッスンも、今回で5週目。いよいよ、基礎トレーニングを始めます。途中で挫折しないために、学習ペースを上手にマネジメントしていきましょう。

   タイムマネジメントのコツは、どんなに忙しくても確実に確保できる「学習コアタイム」をつくることです。私は「月曜の朝」をコアタイムにして、タイムマネジメントに成功しました。

   「月曜の朝」に決めた理由は、

(1)平日の夜は、急な残業や飲み会が入って勉強できない。
(2)残業や飲み会があった翌朝は、頭の回転が悪くなる。
(3)週末になるほど疲れがたまって勉強するのがつらい。
(4)日曜日の夜に急な予定は入らない(早く就寝できる)。
(5)共働きのわが家は週末が忙しい(週末に勉強時間が取れない)。

といったことでした。

   ひと言でいえば、月曜の朝がいちばんコントロールしやすい、ということです。

   平日の夜はコントロールできないし、週末は家事に追われる。日曜の夜に深酒や夜更かしさえしなければ、月曜日は気持ちよく朝を迎えることができます。

   週末にリフレッシュをして、たっぷりと睡眠をとった月曜の朝は頭がスッキリ! 英語の勉強もはかどります。月曜の朝はいつもより早く起きて、一気にスタートダッシュをかけましょう。週初めに頑張って勉強しておけば、週の半ばでトラブルがあっても余裕、余裕! 1週間をラクに乗り切ることができます。気をつけるのは、「日曜日に早く寝る」ことくらいです。

   じつは、オンライン英会話が一番込み合うのは月曜日の朝です。毎週、受講者が殺到して先生が足りなくなります。月曜の朝に英語をやる習慣は、サラリーマンの生活パターンにあっているのかもしれません。

kaisha_20170303104637.png
井津川倫子(いつかわりんこ)
津田塾大学卒。TOEIC(R)L&Rテストの最新スコア970点。これまで英検、TOEIC、TOEFL、IELTSをすべて受験し、GMATにも挑戦。30年近く仕事をしながら英語を学び、海外駐在員として滞在したロンドンでは、イギリス式の英語学習法も体験した。「いくつになっても英語は上達できる」をモットーに、40代での英語やり直しを提唱している。現役ビジネスパーソンならではの実践的なアドバイスが「役に立つ」と人気。
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中