2021年 5月 13日 (木)

敬老の日、祝っても感謝されない? 「老親に何もしていない」人は約6割

来店不要なのでコロナ禍でも安心!顧客満足度1位のサービスとは?

「自分はまだまだ若い!」と言い切る親

   さて敬老の日だが、「2016年の敬老の日に両親に対してとった行動」を聞くと、「何もしていない」が圧倒的に多く、60.3%という結果だった。

   「訪問した(帰省を含む)」が15.8%、「プレゼントを贈った」と「一緒に食事に行った」がそれぞれ14.9%。「電話をした」が11.2%、「一緒に買い物に行った」は6.2%...... と続いている。

   こうしてみると、「敬老の日」はさほど重視されていないようだが、それにはなにか理由があるのだろうか――。ツイッターをみると、

「自分はまだまだ若い!と言い切る親に敬老の贈り物をしたら嫌な顔される」
「もうすぐ娘ができて初めての敬老の日...... え、なんかしないといけないのかな?? どっちの親もバリバリ仕事してるし、老いてる感じではないんやけどなぁ。悩む......」
「敬老の日の対象って、祖父祖母だけやと思ってたけど、老人を敬う日ってことは親も入りはじめるのかな?」

といった声が。

   さらには、

「きょう幼稚園の敬老会で、うちの義母は『まだ敬老されたくない』と行かなかった。他のおうちも『敬老会なら行かない』って。そんなおばあちゃん、多いみたい」
「そういえば妹の義母は80歳も近いというのに、敬老の日にプレゼントあげるとひどく不機嫌になるらしい」
「社会人の孫がいても、なお年寄り扱いされたくないというのは、あっぱれなのか、自覚が足りないのか、どっちだろう」

などと、年齢を感じさせない若さを保っている親世代のようすもうかがえ、子ども世代には「敬老」するのが失礼にあたると考えている人が少なくないらしい。(KM)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中