消費者心理、9月は0.6ポイント上昇 2か月ぶり改善

印刷

   2017年9月の消費動向調査によると、消費者心理の明るさを示す消費者態度指数(2人以上の世帯、季節調整値)は前月と比べて0.6ポイント上昇の43.9となった。内閣府が10月3日に発表した。

   8月の長雨の影響で低下していた東北や北陸の心理が持ち直したことで、消費者心理は2か月ぶりに改善した。

  • 消費者心理、持ち直し
    消費者心理、持ち直し

「1年後に物価上昇」消費者の76%

   消費者態度指数を構成する「暮らし向き」「収入の増え方」「雇用環境」「耐久消費財の買い時判断」の4項目はいずれも改善。内閣府は「消費者マインドは堅調」とみており、「ほぼ横ばいとなっている」との基調判断を据え置いた。

   また、1年後の物価見通しが「上昇する」と回答した人の比率(2人以上の世帯)は前月比0.1ポイント増えて76.2%だった。宅配便や家庭用オリーブオイル、かつお節などの身近な日用品やサービスの値上げを受けて、多くの人が物価上昇を予想した。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中