2019年 11月 18日 (月)

魅力的な都道府県、NHK「ひよっこ」効果なく、最下位はやっぱり......

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   47都道府県の「魅力度」ランキングで、2017年もまた最下位になったのは、茨城県だった。ブランド総合研究所が「地域ブランド調査 2017」を、10月10日に発表した。

   茨城県の最下位は5年連続。前回46位だった栃木県は43位に、45位だった群馬県は、これまで北関東で繰り広げられていた熾烈な最下位争いから「脱出」して41位にランクアップした。

  • 水戸黄門といえば……
    水戸黄門といえば……

徳島県、佐賀県と最下位争い

   茨城県は、NHK朝の連続ドラマ「ひよっこ」の視聴率がよく、話題を呼んだことから、イメージアップにつながったとみられたが、もう一つ伸びなかったようだ。

   茨城県と最下位争いを演じたのは、前年44位から2つランクを落とした徳島県(46位)と45位の佐賀県(前年は38位)。44位は埼玉県(同39位)だった。

   徳島県といえば、阿波おどりや鳴門の渦潮などが知られ、徳島ラーメンが売り出し中。また、佐賀県は嬉野温泉や吉野ヶ里遺跡が思い起こされるものの、いずれも認知度がいま一つ。大阪府や福岡県といった大都市に近いことも、北関東3県や埼玉県と「ロケーション」が似通っている。下位にとどまる要因について、ブランド総合研究所はコメントしていないが、上位にランキングしている都道府県と比べると、うっすらとだが見えてくる。

   そんな「魅力度」ランキングの上位をみると、トップは9年連続で北海道。北海道は市町村の魅力度ランキングでも、函館市(2位)、札幌市(3位)、小樽市(4位)、富良野市(9位)の4市がランクインする。

   第2位は、京都府。京都市は市町村ランキングでは、堂々の第1位。京都市が「とても魅力的」「やや魅力的」と答えた人は、合わせて65.4%にのぼった。

   3位は東京都、4位に沖縄県、5位は神奈川県と続く。神奈川県は、横浜市と鎌倉市が市町村ランキングの6位と5位にランクインした。

   上位にランクされる地域は、観光地としての認知度が高いうえ、住んでみたいという居住意欲でも、高い評価を得ているようだ。

   2016年と比べてランクを上げた地域は、栃木県、群馬県のほか、兵庫県や広島県、宮崎県、山梨県、新潟県、滋賀県、福島県、岐阜県なども上昇している。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中