2021年 10月 24日 (日)

【33】必要なのは「いいかげん読み」 英語上達の近道は「辞書を引かない」こと!(井津川倫子)

富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

「生きた英語」を楽しむための分岐点はココ!

   私は、英語上達の秘訣は「英語の楽しさ」を体験することだと思っています。

   学問としての英語ではなく、世界共通言語としての英語の魅力を知ると英語を学ぶモチベーションが上がります。小説や新聞、ウェブサイトや雑誌といった「生きた英語」に触れることです。

   「生きた英語」を楽しむには、「いいかげん読み」が効果を発揮します。知らない単語に出会っても気にせずに、そのまま読み続ける方法です。「いいかげん読み」ができると、結果として速読力が身につきます。

   私の場合は、TOEIC L&Rを受験することで「いいかげん読み=速読力」が鍛えられました。

   TOEIC試験問題の特徴は、「大量の英文」を読まされることです。他の資格試験と比較をしても、TOEICの文章量は群を抜いています。リーディングパートだけでも、A4用紙で換算したら10枚以上になるはず。1時間ちょっとでこれだけ大量の英文を読んで解答するには、尋常じゃないスピードを身につけなければ太刀打ちできません。

   私は、英文を早く読むために「辞書を引かない」にこだわりました。

   知らない単語に出会っても辞書を引かずに読み進む。知らない単語は文脈から意味を推測して、文章全体の大意をつかむ訓練をしました。

   もちろん、まったく辞書を使わないわけではありません。

   全体を読み終えた後に、何回も出てくる単語やカギとなるような単語だけ辞書を引いて意味を覚えました。

   TOEICで鍛えた「いいかげん読み=速読力」は、仕事のうえでも、とても役に立っています。気楽に海外ニュースに触れることができるので、世界の最新情報をゲットできるからです。

   じつは、この「気楽さ」がポイント。「ざっくり大意がわかればいい」と割り切れるかどうかが、「生きた英語」を楽しむ分かれ道でしょうか。

   受験英語の「英文読解」が得意だった人ほど「速読」は苦手なようです。逆に、英語が苦手だった人は「速読」が得意になる可能性を秘めています。みなさんもいったん辞書を置いて、「いいかげんに」英語に触れてみてはいかがでしょうか? (井津川倫子)

今週のニュースな英語

~ マクロン仏大統領もびっくり? 31歳のイケメン首相が誕生へ ~

   オーストリアで総選挙(国民議会)の投票が行われ、保守系の国民党主セバスティアン・クルツ氏(31)が世界で最年少の首相に就任する可能性が高くなりました。

   端正な顔立ちのクルツ氏は国内でカリスマ的な人気を誇っていますが、ソフトな外見に似合わず移民排斥を強く訴えていることから、オーストリアの右傾化が注目を浴びています。オーストリアはあのヒトラーが生まれた国だからです(ヒトラーはドイツ生まれではありません!)。

   クルツ氏が所属する国民党は「conservative」(保守系)です。私たちが、ファッションや思想に関して「あの人は『コンサバ』だよね」と使う「コンサバ」は、「conservative」からきています。

   他にも、「liberal」(リベラル、自由主義)や「far‐right」(極右)「far‐left」(極左)など、政治用語は意外と世界共通だったり、わかりやすかったりします。「飛ばし読み」をしてもなんとなく意味がわかるのではないでしょうか?

kaisha_20170303104637.png
井津川倫子(いつかわりんこ)
津田塾大学卒。TOEIC(R)L&Rテストの最新スコア970点。これまで英検、TOEIC、TOEFL、IELTSをすべて受験し、GMATにも挑戦。30年近く仕事をしながら英語を学び、海外駐在員として滞在したロンドンでは、イギリス式の英語学習法も体験した。「いくつになっても英語は上達できる」をモットーに、40代での英語やり直しを提唱している。現役ビジネスパーソンならではの実践的なアドバイスが「役に立つ」と人気。
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中