メルシャンがワイナリーを2つ新設 27年までに6万7000箱出荷を目指す

印刷

   ワイン製造大手のメルシャンは、2019年秋までに長野県内に新たなワイナリーを2つ設立すると、2017年10月17日に発表した。

   既存のワイナリー「シャトー・メルシャン」(山梨県甲州市)と合わせて3か所を拠点とし、2027年には販売数量6万7000箱(720ミリリットル×12本換算)を目指す。

  • メルシャンがワイナリーを2つ新設(画像はイメージ)
    メルシャンがワイナリーを2つ新設(画像はイメージ)

3つのワイナリーにそれぞれの役割を

   メルシャンが新設を発表したのは、塩尻市の「シャトー・メルシャン桔梗ヶ原ワイナリー」(2018年9月予定)、上田市の「シャトー・メルシャン 椀子ワイナリー」(2019年秋予定)の2か所。両市にはメルシャンの自社管理畑があり、その敷地内に新たに醸造施設を建設する。

   桔梗ヶ原ワイナリーでは小規模で高品質なワインを志向。椀子ワイナリーでは中規模かつ品質を目指す。また、椀子ワイナリーは「ブティックワイナリー」をコンセプトに、畑から醸造まで、すべてを見学でき、さらには直販機能を備える。

   それに合わせ、山梨県甲州市にメルシャンが保有する「シャトー・メルシャン」を「勝沼ワイナリー」に名称変更。醸造エリアに見学ルートを設定し、見学できるワイナリーとしての機能を高める。

   国内でのワイン市場は拡大傾向にあり、メルシャンによると、2012年には前年比で17.9%と大幅に伸長し、その後も成長を続けている。

   なかでも、国産ブドウを使用した「日本ワイン」への需要増加は著しく、15年のワイン市場では輸入ワインが前年比2.8%増だったのに対し、日本ワインは32.7%増となり、ワイン市場全体の5%を占めた。

   17年上期(1月~7月)も好調で、シャトー・メルシャンの銘柄「甲州」が前年比で50%増と大きく数字を伸ばし、日本ワインの人気をけん引している。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中