【新シリーズ】個人事業主と法人、どっちがいい? カス丸、「決め手」に悩む

印刷

   前回、個人事業主と法人の違いを教えてもらったじぇい。
   どっちにもメリット・デメリットがあってしっかり見極めるべきってことだったけど、いったいどうやって見極めるのか? そこはまだよくわからないじぇい。
   ボクとしては、編集プロダクションを会社として立ち上げたいと思っているんだけど、現実的にどうなんできゃすか?

社会的信用は圧倒的に法人が有利!

   カス丸くんは、法人としての起業を希望しているんですね。法人、個人事業主の違いは前回お話しした通りです。では、実際にどのようなポイントを見て見極めるべきなのか、具体的にお話ししていきましょう。
   これまでのニュース記者としての経験を活かし、編集プロダクションを立ち上げたいと考えているんですよね?

   そうきゃす。取材で関わった企業さんやライターさんもたくさんいるし、企業広報誌やフリーペーパーをつくるところから始めて行こうかと思っているじぇい。
   ゆくゆくは、販促物を自社でつくったりしていけるようになればいいなぁ......

   なるほど。
   編集プロダクションとして仕事を請け負う場合、多くは企業や出版社と取引を行うことになりますよね。そうなると、個人事業主より法人のほうが有利と言えます。
   前回お話ししたとおり、法人は個人事業主に比べて社会的信用が大きいんです。企業によっては「法人としか取引しない」というところもあるんですよ。
   実際に、「今まで取引していた企業が法人としか取引しなくなってしまったので、個人事業主から法人にしたい」というご相談を受けることもあります(このように、個人から法人になることを「法人成り」といいます。
   それに、自分の会社には優秀な人材を雇いたいですよね。採用される側からすると、社会的信用が高く、社会保険への加入が必須である法人に就職したいと考える人のほうが多いでしょうから、やはり法人のほうが有利だと言えます。

   でも、会社の設立ってお金がすごくかかりきゃすよね。自己資金は少しあるけど、それで全部賄えるほどは貯まってないじぇい...... それで会社を設立するなんて、無謀なんきゃすか。

プロフィール
兵藤 道隆(ひょうどう みちたか)
公認会計士・税理士
税理士法人アディーレ会計事務所
日本公認会計士協会東京会所属、東京税理士会所属
早稲田大学商学部卒業。専門分野は財務会計と管理会計。あずさ監査法人に9年間在籍し会計・監査のほか財務デューデリジェンス、株式公開のショートレビューなどを担当。また、事業会社に5年間勤務。IFRS(国際財務報告基準)を用いた場合の試算、決算早期化のコンサルティングを主として担当する。東京都出身。
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中