マクドナルドの純利益4.8倍の154億円、1~9月期 

印刷

   日本マクドナルドホールディングス(HD)の2017年12月期第3四半期(1~9月期)の連結純利益は154億円で、前年同期と比べて4.8倍と大きく伸びた。17年11月8日に発表した。

   売上高は13%増の1871億円で、四半期ベースでは8四半期連続で既存店売上高が前年実績を上回った。営業利益は150億円で、こちらも4倍と伸びた。

  • 純利益4.8倍増!(画像は日本マクドナルドホールディングスのホームページ)
    純利益4.8倍増!(画像は日本マクドナルドホールディングスのホームページ)

商品リニューアルが奏功

   好調の要因は、商品のリニューアルや店舗の改装、販促キャンペーン効果などで、売上高の伸長が利益を押し上げた。

   なかでも「プレミアムローストコーヒー」のリニューアルや、メインのハンバーガーメニューでは、「おてごろマック」の「しょうが焼きバーガー」(愛称ヤッキー)、3種の本格肉厚ビーフバーガー「グラン」を、新たにレギュラーメニューとして発売。期間限定の「チキンタツタ」と新作の「チキンタルタ」、「月見バーガー」と新作の「月食バーガー」を販売したことなどが功を奏した。

   8月に実施した「マックVSマクド」対決キャンペーンの効果もあった。

   なお、17年12月期の通期業績については、売上高が2485億円、営業利益165億円、当期純利益が175億円と従来予想を据え置いた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中