2021年 5月 7日 (金)

「助けて!」と叫びなさい 降ってくる仕事は頑張ったらダメ(江上剛)

糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

命あってのものだね

   私は、「企業戦士」(講談社文庫)を書いた際、過労死裁判の支援を少しやりました。だから、わかるのです。

   電通事件では、社長が過ちを素直に公判で認めましたが、会社があのような長時間残業による労働基準法違反や過労死の裁判で、簡単に非を認めることなど、まずありません。あれは「電通」という、誰もが知っている大手企業だったゆえにメディアが競うように報道したことで、電通がいかにヒドイ会社であるかが明るみになっただけなのです。

   一般に、会社としては過労死を引き起こしたことは不名誉ですし、裁判に敗訴すると、訴えた本人のみならず、他の多くの労働者に対しても未払いの残業代を支払わねばなりませんから、膨大な損失になります。そのため、会社は徹底抗戦します。

   たとえば、あなたは仕事ができなかった。毎日早く帰宅していたなどと、ウソを平気で集めます。なかには、愛人がいたなどと名誉を著しく毀損する場合もあるほどなんです。

   会社で仲のよかった同僚でさえ、「あなたは無能だった」などと平気で証言します。それが自分たちの身を守るためだと、サラリーマンであればとっさにそう思ってしまうのかもしれません。悲しいですね。

   あなたに向かって「〇〇先輩はできた」などという上司は最低ですよ。

   どうしても上司が、あなたの仕事を改善してくれないなら、さっさと辞表を出すべきです。

   命あってのものだねですよ。(江上剛)

江上 剛
江上 剛(えがみ・ごう)
作家。1954年兵庫県生まれ。早稲田大学卒業後、第一勧業銀行(現・みずほ銀行)入行。同行築地支店長などを務める。2002年『非情銀行』で作家としてデビュー。03年に銀行を退職。『不当買収』『企業戦士』『小説 金融庁』など経済小説を数多く発表する。ビジネス書も手がけ、近著に『会社という病』(講談社+α新書)がある。
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中