2019年 10月 16日 (水)

自治体で広まるAI活用 「知りたい」がわかる 岡山県和気町が「わけまろくん」導入

印刷
スマモニの覆面調査のお仕事で高額謝礼を獲得!

   岡山県和気町とキャメル(兵庫県豊岡市)は、IBMの「Watson」を活用した人工知能(AI)による移住希望者向けサービス「わけまろくん」を共同で開発。2017年11月22日から、運用を開始した。

   「わけまろくん」は、スマートフォンのコミュニケーションアプリ「LINE」やウェブサイト上で動作する対話形式のサービスで、「町の情報を知りたい」という住民らのニーズに対応した。

  • 岡山県和気町のAIサービス「わけまろくん」
    岡山県和気町のAIサービス「わけまろくん」

「町の情報を知りたい」に対応

   「わけまろくん」は、たとえば、「ゴミ出し」のメッセージを送ると、AIが最適な回答を導き出して指定のゴミ袋などについて簡単に説明してくれたり、「電車」の時刻が知りたいとメッセージを送るとAIが時刻表などについての簡単な解説と詳細な情報が記されたウェブページへのリンクを返答してくれたりする。

   また、「わけまろくん」から示された選択肢を選び、目当ての情報を探すという使い方もできる。英語での質問にも対応するなど、インバウンド対策もバッチリだ。

   J‐CASTニュースが2017年11月21日、和気町役場に取材したところ、担当者は、「『わけまろくん』は移住希望者向けに開始しました。町の情報を知りたいが問い合わせができないという状況を解消するのが狙いです。子育てや教育に力を入れている町だということを知るきっかけになれば」と語った。

   移住希望者向けに調整していく中で、住民からの質問にも答えられるようにしたという。

   今後は「わけまろくん」が答えられなかった質問を精査して、より便利なサービスになるよう改良していく。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中