東芝、ICT子会社で早期退職 300人を削減

印刷

   経営再建中の東芝は2017年11月29日、情報通信技術(ICT)事業を手がける子会社の「東芝デジタルソリューションズ」(TDSL、川崎市)で、早期退職優遇制度を実施すると発表した。早期退職の募集は28日に決定し、労働組合に提案した。

   IoT(モノのインターネット)や人工知能(AI)など成長分野を除く全部門を対象に、300人を削減する。TDSLの従業員数(単独)は4508人(17年10月末)。

  • 経営再建中の東芝、子会社で人員削減
    経営再建中の東芝、子会社で人員削減

対象は53歳以上の勤務10年以上

   東芝は社会インフラ事業を中心に、経営の立て直しを図っている。TDSLではIoTやAIを成長分野として強化する一方で、それ以外は人員削減による収益構造の改善が必要と判断した。

   早期退職を募集するほか、グループ内外への人員の再配置も実施。2018年3月末までに退職を前提に、1月から募集を開始する。

   対象は53歳以上の勤続10年以上の社員。早期退職に伴い発生する費用は33億円で、11月9日に発表した2018年3月期の業績見通しに織り込み済みという。

   東芝は、不正会計問題で財務が悪化した2015~16年にかけて早期退職を募集。約3500人が募集に応じている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

J-CAST Blog 略して「Jブロ」
J-CASTがオススメするブログを紹介!
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中