2022年 7月 7日 (木)

その34 政治家の「発言撤回」「こんなものいらない!?」(岩城元)

富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

「撤回すれば、それでよし」なのか?

   麻生太郎副総理兼財務相も発言撤回については「常連」である。2013年には憲法改正論に関して「ドイツのワイマール憲法もいつの間にかナチス憲法に変わっていた。誰も気がつかなかった。あの手口に学んだらどうか」と発言し、批判されると、翌日には「不適切」と撤回した。

   それなのに、この夏には「何百万人を殺したヒトラーはいくら動機が正しくても駄目だ」と、ナチスのユダヤ人虐殺を擁護したとも受け取られかねない発言をし、翌日にはまた「不適切」と撤回している。

   政治家が暴言、失言、不適切発言をやらかしても、撤回すればそれでよし――。そんな風潮が世間にはあるのではないだろうか。それに甘えて、政治家は平気で暴言を繰り返す。僕にはそのように思えてならない。

   もっとも、ここで書いたような発言は、取り立てて世の中に悪影響を及ぼすとも思えない。発言した政治家を「ばかだなあ」と、笑い飛ばしておいてもいい。

   しかし、不用意な発言が、たとえば外国との戦争を引き起こすことだってありうるだろう。その意味で、私たちは政治家には常に「綸言汗の如し」という覚悟を持つよう求めたいのである。

※ 「こんなものいらない!?」委員会は、みなさまからのご意見をお聞きしています。ぜひ、下記のワンクリック投票にご参加ください。

岩城 元(いわき・はじむ)
岩城 元(いわき・はじむ)
1940年大阪府生まれ。京都大学卒業後、1963年から2000年まで朝日新聞社勤務。主として経済記者。2001年から14年まで中国に滞在。ハルビン理工大学、広西師範大学や、自分でつくった塾で日本語を教える。現在、無職。唯一の肩書は「一般社団法人 健康・長寿国際交流協会 理事」
コメント欄は2022年8月23日から、システムを移行します。詳しくはお知らせをご確認ください。
姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中