2018年 9月 25日 (火)

佐川急便のSGホールディングスが上場 「見ものやな」とネットの声

印刷

   宅配大手の佐川急便を傘下に持つSGホールディングス(HD)が2017年12月13日、東京証券取引所・市場第一部に株式を上場した。

   初値の売り出し価格は1株1620円で、同日の終値は1906円と17%上回った。時価総額にして、約6100億円にのぼる。

  • SGホールディングスが東証1部に上場。(画像は、SGHDのホームページ)
    SGホールディングスが東証1部に上場。(画像は、SGHDのホームページ)

「いまさら人材来るとは思えない」

   SGホールディングス(HD)の株式公開は、3月に東証に再上場した回転ずし大手のスシローグローバルホールディングスを上回り、最大規模となった。

   上場の理由について、SGHDはJ‐CASTニュースの取材に、

「上場することで(企業経営の透明性が高まるなどの)ガバナンスの強化や、社会的信頼を獲得し優秀な人材を確保したいため」

と話した。

   また、株価の上昇には、

「投資家の期待の表れだと感じているので、期待に応えられるように精進していきたい」

としている。

   一方、SGHDの上場にツイッターでは、

「いまさら上場で人材来るとは思えへんけどな」
「嬉しいんだろうけど、でもさ、もう少し末端社員のことも考えません? 配送が破たんしかけてますよ」
「佐川1部上場したか。送料引き上げしたけど人手不足。クチコミもそれほどよくない。見ものやな」

などと手厳しい声があがっている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【9月28日開催】中小企業の役員・総務担当者はマスト! 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中