2018年 9月 22日 (土)

鳥取県、「カレーに合うコメ」開発 「ポップコーンのような香り」とは?

印刷

   「ポップコーンのような香り」のする新品種のコメを、鳥取県の農業試験場が開発した。

   2017年12月19日には県庁でお披露目会が開かれ、平井伸治知事が名称「プリンセスかおり」を発表した。

  • 「鳥系香122号」の品種名が「プリンセスかおり」に決定(画像は、鳥取県農業試験場の発表資料より)
    「鳥系香122号」の品種名が「プリンセスかおり」に決定(画像は、鳥取県農業試験場の発表資料より)

「日本のコメで食べるカレーと違って...」

   「プリンセスかおり」は、インドで最高級米と言われる「バマスティー370」の香りを受け継ぐ「プリンセスサリー」に、コシヒカリの大粒突然変異種「いのちの壱」を交配した品種。長粒・小粒でツヤがあり、炊飯後のポップコーンのような香りとモチモチした食感が特徴という。

   2017年9月に「鳥系香122号」の品種登録が受理され、今月19日に農林水産省から品種名「プリンセスかおり」が公示された。2~3年にわたる現地調査などを経て、品種登録される見込み。

   お披露目会では、相性のいい料理としてカレーやサンボール(スリランカふりかけ)、鶏のエスニック蒸し、ガパオが振る舞われ、平井知事が試食した。

   鳥取県はカレールウの消費量が多いことで知られ、カレーに合うコメの開発が進められてきた。試験場の調査によると、「プリンセスかおり」が「カレールウととても合う」「カレールウと合う」と答えた人が約7割。ご飯の香りについては、「良い」「やや良い」が過半数以上と好評だった。

   とはいえ、コメが「ポップコーンのような香り」というのは気になる。J‐CASTニュースが12月20日、鳥取県の農業戦略課に取材したところ、映画館に漂う甘いような、あの香りではなく、何も味付けをしていないポップコーンそのものの香りで、「プリンセスかおり」の系譜である「バマスティー370」の香りだそうだ。

   試食した県担当者に感想を聞いたところ、

「日本のコメで食べるカレーと違って、独特な風味があっておもしろい」

と話した。

   「プリンセスかおり」は県内の飲食店で食べられるほか、鳥取市のネット通販などで取り扱っている。また、東京のアンテナショップや百貨店でも試食宣伝などのPRを行っていくとしている。今年度の収量は約1.5トンで、2018年度の増産を目指す。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【9月28日開催】中小企業の役員・総務担当者はマスト! 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中