2021年 1月 22日 (金)

「共働き」に理解がある男性の全国ランク(前編)
 東北が最高、大都会は意外な結果に......

初めての方ご注目!プロミスなら最短1時間融資でお急ぎでも大丈夫!

大都市圏の愛知、大阪、神奈川、兵庫、京都が保守的

   それより、天野さんが注目したのは、大都会のある都府県に「専業主婦を望む」男性比率が高いことだ。

   3大都市と言われる東京、大阪、名古屋のある東京都、大阪府、愛知県をみると、愛知県は5位に、大阪府は13位にランクインしている。そのほか、若い女性にオシャレで先進的なイメージのある大都市のある神奈川県(横浜市、川崎市)、兵庫県(神戸市)、京都府(京都市)、福岡県(福岡市)、広島県(広島市)、千葉県(千葉市)など、大都市のあるエリアの大半が全国平均よりも「専業主婦を望む」男性比率が高いグループ(図1)に入っているのだ。

   こうしたことから天野さんは「都会の男性のほうが、女性が結婚後も働くことに理解がありそうと思っているのであれば、と考え直した方がいいのかもしれない」と述べている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中