2018年 10月 20日 (土)

【2018年を読む】弁護士のお仕事 過払い金の返還請求の次はコレ!(鷲尾香一)

印刷

   東京弁護士会は「過払い金返還請求」に関する景品表示法違反(有利誤認)で、弁護士法人のアディーレ法律事務所(東京都)を業務停止2か月、元代表の石丸幸人弁護士を3か月の懲戒処分にすると、2017年10月11日に発表した。

   アディーレ法律事務所は2010年10月~15年8月に、当時代表だった石丸弁護士の指示を受け、「当事務所に依頼された方は着手金無料」といった広告などをホームページに掲載。対象期間は1か月間としていたが、実際には日付を更新して掲載し続け、消費者庁は、16年2月に景品表示法違反に基づき再発防止を求める措置命令を出していた。

  • 過払い金返還請求の次は……
    過払い金返還請求の次は……

過払い金返還に群がった「士業」の面々

   アディーレ法律事務所といえば、「過払い金返還請求」のテレビCMを派手に展開し、知名度は群を抜いていた。この事務所には185人もの弁護士が所属しており、事業所も全国に86か所を展開していた。

   過払い金返還請求とは、消費者金融などからの借り入れが、利息制限法を超えた利息で返済していた場合に、まさしく払い過ぎた利息の返還を求めることをいう。

   しかし、過払い金返還請求で懐を潤していた弁護士は、アディーレ法律事務所だけではない。欧米のように訴訟社会ではない日本では、企業弁護士(企業と顧問契約を結んでいる弁護士)を除けば、想像以上に弁護士の仕事は少ない。そのため、一部の弁護士が収入源としていたのが、「過払い金返還請求」だった。

   さらに、この過払い金返還請求を「生業」としたのは、弁護士だけではない。司法書士、行政書士といったいわゆる「士業」と呼ばれる職業にある人達がこぞって取り扱った。

   司法書士や行政書士は、弁護士と提携することで「過払い金返還請求」の顧客窓口となり、顧客からの手数料を手に入れた。その中には、顧客が法律に無知なことを利用し、法律で定められた以上の手数料を得ている「士業」が多く存在する。

   「過去に借金をしたことのある人、借金をしている人はお気軽にご連絡を。5分ほどで過払い金が戻るかを試算します」といった、うたい文句は、現在でもテレビだけではなく、ラジオや雑誌などの多くのマス媒体に露出している。

鷲尾香一(わしお・きょういち)
鷲尾香一(わしお・こういち)
経済ジャーナリスト
1990年、金融専門紙の副編集長を経て大手通信社に入社。外国為替、債券、短期金融、株式の各市場を担当後、財務省、日本銀行、金融庁、東京証券取引所を担当。2005年からマクロ経済と企業ニュース担当の編集委員。2007年3月末に退社し、フリーに。金融業界の内部事情から経済事件、企業経営まで幅広く取材。その鋭い分析力には定評がある。秋田県生まれ、59歳。
著書に、「企業買収 ― 会社はこうして乗っ取られる ― 」がある。
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中