2020年 7月 17日 (金)

【最終回】ロンドン五輪ボランティアが明かす 現地で一番聞かれた質問はコレ!?(井津川倫子)

印刷
スマモニの覆面調査のお仕事で高額謝礼を獲得!

   いよいよ、東京五輪ボランティアの募集スケジュールが発表されました! 2018年9月中旬から募集受付開始です。一生に一度のチャンスに向けて、ムダなく英語をマスターしていきましょう。

   今回は、実際にロンドン五輪で活躍したボランティアのアドバイスからスタートです。彼らが現地で最も聞かれた質問は何だったでしょうか?

  • 2020年、多くの外国人がTOKYOにやって来る!
    2020年、多くの外国人がTOKYOにやって来る!
  • 2020年、多くの外国人がTOKYOにやって来る!

とりあえず、ロンドンにやって来た!

   2012年のロンドン五輪で「London Ambassador」(ロンドンアンバサダー・都市ボランティア)として活躍したリチャードさんによると、ボランティアには次のような素質が求められたそうです。

   The requirement of a London Ambassador was to be friendly, approachable, have some knowledge of how to travel around London and to have common sense!

   (ロンドンアンバサダーに求められるのは、フレンドリーであること、近づきやすい人で、ロンドン中を動き回れる知識があり、そして常識があること!)

   確かに、「friendly」(フレンドリー)「approachable」(近づきやすく)で、「common sense」(常識)がある人は、つい頼りにしてしまいそうです。 リチャードさんは、ロンドン市内の交通の拠点「Waterloo station」(ウオータールー駅)の案内ボランティアでした。たとえると、「上野駅の案内ボランティア」というイメージです。

   五輪期間中、駅の案内所で観光客のサポートをして驚いたのは、あまりにも多くの人が五輪会場への行き方を知らなかったこと、だったそうです。実際、案内ボランティアが一番多く聞かれたのは、次の質問でした。

   「How do we get to the Olympic Park?」

   (オリンピック会場にはどうやって行くのですか?)

.

   東京五輪2020の開催計画と同じように、ロンドン五輪も競技によって会場が異なりました。最寄りの駅も交通手段もそれぞれです。ところが、多くの人が会場の場所を調べずにロンドンにやって来て、しかも簡単にロンドン中を歩いてまわれると思っていた、というのです!

   わかりやすく言えば、東京五輪目当ての来日客がとりあえず上野駅までやってきて、国立競技場や横浜スタジアムに簡単に歩いて行けると思っていた、という感じでしょうか。案内ボランティアの役割がいかに重要か、が伝わってくるエピソードです。

   逆に、「予想に反してほとんど聞かれなかったこと」は、

   「Where are the toilets?」

   (トイレはどこですか?)

だったそうです。

   リアルな体験談は参考になりますね。

kaisha_20170303104637.png
井津川倫子(いつかわりんこ)
津田塾大学卒。TOEIC(R)L&Rテストの最新スコア970点。これまで英検、TOEIC、TOEFL、IELTSをすべて受験し、GMATにも挑戦。30年近く仕事をしながら英語を学び、海外駐在員として滞在したロンドンでは、イギリス式の英語学習法も体験した。「いくつになっても英語は上達できる」をモットーに、40代での英語やり直しを提唱している。現役ビジネスパーソンならではの実践的なアドバイスが「役に立つ」と人気。
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中