2021年 6月 24日 (木)

健康不安の女性、働く40代未婚が最多 それなのに対策をとらない人が半数の不思議

全国の工務店を掲載し、最も多くの地域密着型工務店を紹介しています

迷う40代未婚 「介護」に切り替えるか、「婚活」を続けるか......

   それにしても、自分の健康や将来に最も強く不安を持っているのに、なぜ彼女たちは何の対策もしない人が多いのだろうか――。J-CAST会社ウォッチ編集部は、リポートをまとめたニッセイ基礎研究所の主任研究員、久我尚子さんを取材した。

   ――将来の不安が強いのに、備えを行なっていないのは理解できません。

久我尚子さん「不安が強いのに対策を行わないのが不思議だとみるのではなく、その逆で、対策をしていないから不安が強いのだと思います。私の以前の研究でも、40代シングル女性は医療保険、入院保険や終身保険など保険加入率も既婚女性より低いのです。こうした保険の加入や、近所にかかりつけ医を見つけるといった健康対策は、女性の場合、結婚や出産などライフイベントの経験がきっかけになることが多い。彼女たちにはその経験がありません」

   ――しかし、40代になれば親の介護や、自分の体の衰えも視野に入ってくるのではないですか。

久我さん「既婚の40代女性なら子育てから介護のほうに頭が切り替わる時期ですが、40代シングル女性は、まだ介護より結婚に対する意識の方が強いようです。どの世代でも『一生結婚しない』と決めている女性はごく少数です。現在、女性の生涯未婚率は14%で、政府統計では50歳時点での結婚の有無で判断しますが、50歳を超えて結婚する人も増えている印象です。だから40代シングル女性は、介護のほうに頭を切り替えるべきか、結婚対策を続けるべきか迷っていると考えられます」

   ――現在、40代女性のうち2割が未婚ですね。既婚女性から見ると、シングル女性は家族もいないし、収入は全部自分で使えるから余裕があり、それでのんびりと構えているのかと思う人が多いでしょう。

久我さん「正社員の女性はそうですが、最近では非正規雇用も増えています」

   ――健康対策をとっていない40代シングル女性に、どのようにアドバイスしますか。

久我さん「とりあえず、要介護などの深刻な状態になった時の施設より先に、不調の時にすぐ診てもらえる『かかりつけ医』をぜひ見つけてください。そして、自宅近所や通勤途中に、夜間・休日診療ができる医療機関を把握しておくと不安が軽くなります。まずは、日常生活での不調に対する備えから始めるといいでしょう」
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中