2018年 12月 14日 (金)
ただ今、J-CAST IDにログインしにくい状況が発生しており、ご迷惑をおかけしております。
現在、復旧に向けた作業を行っておりますので、ご不便をおかけいたしますがご了承ください。

2017年のマンション価格、過去最高 東京都心の超高額物件がけん引

印刷

   2017年の新築マンションの分譲価格は、全国平均で1戸当たり4739万円となり、15年の4618万円を上回って過去最高を更新した。不動産経済研究所が18年2月21日に発表した。東京都心の超高額物件などがけん引し、16年と比べて3.9%上昇した。

   平均価格が対前年比でアップしたのは2年ぶり。東京23区をはじめとする首都圏が7.6%と大きく伸び、5908万円になった。一方、近畿圏の平均価格は3836万円で、2.1%ダウンした。

  • 東京都心のマンション価格は上昇している(写真はイメージ)
    東京都心のマンション価格は上昇している(写真はイメージ)

近畿圏、名古屋市、広島市は下落

   新築マンションの分譲価格は、建材費や人件費の増加を反映して値上がりした。首都圏が大きく伸びたが、主要都市でも札幌市は前年比1.2%上昇の3958万円、仙台市が3.8%上昇の4497万円、福岡市が0.3%上昇の3668万円と、伸びた。

   近畿圏と名古屋市(4.6%下落の4031万円)、広島市(0.2%下落の4212万円)は下落した。

   また、17年の全国の発売戸数は0.5%増の7万7363戸と、小幅ながら4年ぶりに増加した。地域別にみると、首都圏が3万5898戸で全体の46.4%を占める。このうち、東京都は2万33戸で前年比6.4%増。さらに23区内に限れば、8.5%増の1万6017戸となった。

   発売戸数は首都圏のほか、近畿圏、北海道、関東、北陸などでプラスとなった。地方都市でも、「駅近」など利便性の高いエリアで売り出しが増えた。

発売戸数、住友不動産が4年連続トップ

   事業主別の発売戸数の上位10社をみると、最も多いのは住友不動産の7177戸で、4年連続のトップ。次いで、プレサンスコーポレーションが5267戸、野村不動産5158戸、三井不動産レジデンシャル3787戸、三菱地所レジデンス3101戸、と続く。

   大和ハウス工業が2098戸、日本エスリード2017戸、あなぶき興産1798戸、積水ハウス1503戸、タカラレーベン1467戸だった。

   18年の発売見込みについては、不動産経済研究所は全国で約7万8500戸と、1.5%増えると予測。引き続き首都圏がけん引していくとみている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • ついに第1号か!? GDPR違反で巨額制裁金 課される企業はあの......

  • 「就活応援」トークライブ北条かや×石渡嶺司の「会社に騙されないシューカツ」

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中