2019年 11月 22日 (金)

サラリーマンのための確定申告(その2)副業している人が注意すべきこと(前編)

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   「サラリーマンのための確定申告」の2回目は、「副業」している人が注意すべきことを教わるじぇい!

   さっそくきゃすが、平井先生。所得20万円以上の人は確定申告しなければいけないらしいきゃすが、「所得」というのは収入と何が違うのか、教えてほしいじぇい。

  • 「所得金額」隠してもバレますよ!
    「所得金額」隠してもバレますよ!

「所得金額」を把握しよう、「隠してもバレますよ」

   基本的に、「所得」とは、手にした収入金額からその収入を得るために要した支出(経費)を差し引いた金額を指します。

   実際に納付する所得税額を計算するにあたっては、所得金額に税率を乗じて計算していきますが、所得税の場合には、収入の内容によって所得金額の計算方法が異なります。

   個人事業としての収入(事業収入)や不動産賃貸での収入などの所得金額の計算については、先ほど説明したように「収入金額から経費を差し引いて」所得金額を計算しますが、給与収入や年金収入については収入を得るための経費というのが基本的には認められていません。

   その代わりに給与収入については収入金額に応じた「給与所得控除」というものが認められています。

   また、年金についても年齢や収入金額に応じて、控除が認められています。これらの控除額を収入金額から引いたものが「所得金額」になります。

   では、確定申告をしなければいけない、20万円以上稼いでいるにもかかわらず、申告をしなかった場合、どうなってしまうきゃすか?

   確定申告しなければならない人は、任意で確定申告を『してもいいですよ』というわけではなく、『しなければならない』とされています。したがって、確定申告しなければならないのにしなければ、罰則があります。

   バレないと思っていても、税務署もさまざまな方法で申告、納税が漏れている人がいないかどうか調査をしていますので、いつかはバレてしまう可能性が高いのです。

   そうなってしまった場合には、本来払うべき税金に罰金や延滞金などが加算され、ちゃんと申告し、納税していれば済んだであろう税額よりも多く払う必要が出てきます。

   また、その後しばらくはちゃんと申告しているかどうかのチェックが厳しくなることも予想されます。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中