2018年 12月 20日 (木)

公取委、独禁法違反の疑いでアマゾンに立ち入り検査

印刷

   公正取引委員会は、インターネット通販大手のアマゾンジャパン(東京都目黒区)に立ち入り検査に入った。2018年3月15日、日本経済新聞などのメディアが報じた。

   アマゾンの通販サイトでは、値引き販売した額の一部を取引先に補てんさせていたとされ、これが独占禁止法に定める優越的地位の濫用にあたるとみられる。

  • 公取委がアマゾンに立ち入り検査(画像は、amazonのホームページ)
    公取委がアマゾンに立ち入り検査(画像は、amazonのホームページ)

優越的地位の濫用か?

   報道によると、アマゾンジャパンは自社サイトで取り扱う商品を業者から仕入れて販売しているが、納入業者に対して値引き分の一部を負担するよう求めていた疑いがある、としている。

   独占禁止法では、取引の上で優位な当事者が相手方に対して、不当に不利益を与える行為を優越的地位の濫用として禁じている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • ついに第1号か!? GDPR違反で巨額制裁金 課される企業はあの......

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中