「米中貿易戦争」勃発! その陰で ほくそ笑む慶応、明治 そのとき早稲田は......

印刷

   米ニューヨーク株式市場はトランプ米大統領の「保護主義的な通商政策」を材料に大幅安となり、ドル相場を圧迫。「ドル売り」優勢で推移した。

   週初めのG20(主要国首脳会議の7か国と、EUとロシア、中国、インドなどの新興国の20か国・地域)こそ、なんとか無難に乗り切ったものの、その後にトランプ米大統領が中国に対して知的財産権の侵害を理由に大規模な関税賦課を発表。中国もこれに対抗し、一気に「米中貿易戦争」が勃発。それによるリスク回避圧力が広がり、ドル円相場は一時、2016年11月以来の1ドル104円台へと下落。ただ、その後は105円~106円台へと回復した。

   もう一点。3月21日には米連邦準備制度理事会(FRB)のパウエル議長の就任後初となる米連邦公開市場委員会(FOMC)の会合が開かれ、事前予想どおり0.25%の利上げを発表した。ただ、注目された今年の利上げ回数が3回と、市場が期待した4回にならなかったことがドル売りを呼び、ドル円は一時105円台に下落した。大きく揺れたドル円相場に、明治大のRWと慶応大の石油王は着実に利益を積み上げた。200ドルを売り持ちしている早稲田大の惟光は果たして......

  • 引き離す慶応、早稲田に迫る明治!
    引き離す慶応、早稲田に迫る明治!

トレンドの安値更新はまだ続くと読んだ!(早稲田)

   3月23日(金)

   前週に、「あと数週間のうちに大きなトレンドが突如形成される雰囲気は薄い。そう考えると、どうやらこのサポートライン(支持線。為替レートが過去に何度かその水準で下げ止まった価格帯のこと)が今回の下げトレンドの底値になる可能性が強まってきた」と考えたが、この3日間のロウソク足の形を見ると考えを改めなければならなくなった。

   まず一つ目に注目すべきなのは、この3日間にロウソク足の形が典型的な「黒三兵」の形を形成していることである。「黒三兵」とは、陰線が3日続けて現れる形のことで、下降トレンドへの契機と見ることができる。最近は弱いトレンドを形成した、レンジ相場を形成していたが、そのトレンドが一気に変わる可能性が現れた。

   二つ目に注目すべきなのは、本日の陰線が直近のサポートラインであった2月16日、3月7日、3月16日の安値から形成されるサポートラインを割り込んだことである。当初から、このラインが当面の下げトレンドの底であると考えていたが、まだトレンドの安値は更新され続ける力があるようだ。

   安値圏における黒三平は、「トレンドの底になる可能性がある」とも解釈されうるが、そうは考えない理由はここ。直近のサポートラインを割ったことで、トレンドにさらなる拍車がかかっていると考えた。

   したがって、保有している売りのポジションは継続して保持することにした。
保有建玉 売り200ドル

前週からの損益 プラス・マイナスゼロ
3月23日現在 8913円

予想的中、下がり続けて......(明治)

   3月16日

   きょう朝、ドル円相場の1時間足チャートで、長期移動平均線(価格などの平均値を折れ線グラフにしたもの。過去からの推移から現状を分析して将来を予測する。一般に25日間程度を短期、100日間程度を中期、それ以上を長期の情報として用いる)を境に反発し、かつレジスタンスライン(抵抗線。為替レートがこれ以上は上昇しないだろうとの意識しやすい価格帯をいう)も106.31円付近にできていたので、ショートでポジションを持った。

   その後、予想どおり下がり続け、軽くレンジに入った個所で決済。
106.226円で売り、105.907円で決済した。
319円のプラス。

前週からの損益 プラス319円
3月23日現在  8840円

タイミングを見計らって!(慶応)

   3月20日(火)

   前週から値動きに乏しく、105円50銭付近が壁となって、それより下へなかなか下がらないものの、かといって上昇の勢いが十分にあるとは思えない状況だ。
はっきりしないため、この日は取引を見送った。

   3月21日(水)

   前日は上昇で終わったものの、20日移動平均線付近で揉み合っているようで、一度下がるのではないかと考えた。

   106円42銭で売り、106円22銭で買った。
1万2014円が1万2210円に。196円増えた。

   3月22日(木)

   この日は未明に米国の政策金利の引き上げ発表があり、しばらく相場が荒れたのちにドル円相場は下落したものの、正午頃には回復基調となっていた。

   しかし、106円を目前に、上値が重いように見えたため、長期のトレンドにしたがって売りで入ることを決めた。
105円84銭で売り、105円47銭で買った。1万2210円が365円増えて、1万2575円になった。

   3月23日(金)

   「米中貿易戦争」を受けて、リスク懸念から株式市場では売りが優勢となり、2月の暴落の安値を更新する事態となっている。これにより、ドル円相場も2018年の安値を更新する勢いで円高が進んでいる。

   しかし、日中に円高が十分進んだこともあり、反発の可能性があるとみて、この日は取引を見送った。

前週からの損益 プラス561円
3月23日現在  1万2575円

プロフィール
早稲田大学 惟光
早稲田大学文学部2年、埼玉県出身。尊敬する人は、「投資の神様」ウォーレン・バフェットに紫式部! 旅行や写真が大好きで、サバの竜田揚げも大好き。 将来は「チャンスを平等にすることがしたい!」という。これまでFXはスキャルピング(ポジション保有後、短時間の内にわずかな価格変動から儲ける方法)で取引していたが、最近はスイングトレードに転向した。仮想通貨の取引も始めるなど、投資への関心は強く熱い。
明治大学 RW
明治大学総合数理学部2年、長野県出身。好きな歌手は、乃木坂46。趣味は映画観賞や乃木坂46が出ている番組の視聴で、週末などに楽しむ。将来は、IT系の仕事に就きたいと考えているが、今は単位を落とさないようにするのに必死。(笑)株式投資からスタートし、最近はビットコインを少々カジッたところ。為替相場は株式投資にも影響する大きな材料。FX投資はデモ口座でやったことがある程度だが、大学対抗戦となれば、話は別。経験を積みながら、トップを狙う。
慶応大学 石油王
慶応大学商学部3年、京都府出身。好きな歌手はCHEMISTRY。将来は証券ディーラーになりたい! 小学生のとき、父のFX投資を間近に見ていたことをきっかけに、為替に興味を持つ。中学1年のときのリーマンショックで怒涛の円高を目の当たりにし、この時に円を売っていれば大儲けできたのではないか、と気付いたという筋金入りのFX投資家。現在はテクニカル分析と呼ばれる、チャートの形状を判断材料としてトレードする手法を研究中。為替相場の世界で大成功を収めることを夢見て、日々精進中という。
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中