2018年 10月 24日 (水)

読者も大激論!「派遣社員に送別会は必要か?」 派遣自身の気持ちは意外にも......

印刷

   派遣社員に送別会をするべきかどうかをめぐる論争を紹介した記事「派遣社員に送別会は必要か!投稿でネット炎上 アナタの会社ではどうしてる?」(2018年3月25日付)には多くのJ-CASTユーザーから反響が寄せられた。

   読者の声をみていくと、背景には正社員と派遣社員の「深くて遠い溝」があるようすがうかがえる。記事では「派遣社員の送別会、開く必要があると思いますか?」と、6つの設問を用意してユーザーの意見を聞いた。すると......

  • 有志の送別会にも問題が?
    有志の送別会にも問題が?

「『派遣』という呼称が差別だ。専門社員、特別職員と呼べ」

   投票には、締め切りまでに817票の回答があった。

1位:有志とか、やりたい人が開けばいいんじゃないの 53.0%(433票)

2位:人によって違う。よく働いた人には開いてあげる 13.0%(106票)

3位:本人に聞いて、開いてほしければ開いたら 11.3%(92票)

4位:正社員と同じように開いてあげるべきだ 9.9%(81票)

5位:正社員だって開いてもらえない人もいる。送別会そのものに反対 6.9%(56票)

6位:そもそも、派遣社員はすぐに辞めるのだから開く必要はない 6.0%(49票)

   この結果をみると、「開く必要はない」と考える人は、5位の「送別会そのものに反対」の人も含め、12.9%しかいない。「正社員並みに開くべきだ」とする人は1割しかいないが、8割以上の人が何らかの形で送別会を開いたほうがいいと考えていることがわかる。

   「開く必要がない」との声には、J-CASTユーザーの中にも怒りをぶつける人が多かった。

「(職場が)殺伐としているんでしょうね」
「上司がそう(開く必要はない)いう価値観であるのが、一番に残念だと思う。送別会を開かなくても気持ちがあるのなら、花束を送るでもいいと思います」
「ウチの職場は派遣さんだけじゃなく、パートさんの着任・退任でも歓送迎会を開いている。親睦会は仕事場のメンバーで集まるものだから、身分で切り分ける必要性はないんじゃないのか」

といった声が寄せられた。

   なかには、「派遣社員という呼称を止めろ! 派遣? デリバリーサービスじゃあるまいし、失礼だ! 特別社員とか専門職員とか、地位向上のためにまずは呼び方から変えるべきだ」と、この問題の背景には「派遣差別」があると激しく怒る声もあった。

   「派遣社員に送別会は必要ない」という意見はほとんどなく、「有志とかやりたい人が開いてあげれば」という声が多かった。

   その一方で、話題のきっかけとなった女性向けサイト「発言小町」(2018年2月28日付)には、「ただの派遣社員」という「上から目線」の意識があったためか、「ひどい!派遣社員は使い捨てか、送別会も開いてもらえないのか!」という反発の声が圧倒的だった。

正社員の親睦会費、部長4000円、課長3000円、ヒラ1000円也

   もう一つ、この問題をややこしくしているのは、少なからざる企業で採用している「親睦会費」制度だ。これは正社員の給料から毎月一定額を天引きし、歓送迎会や異動の餞別の費用などに充てるというもの。だから、親睦会費を出していない派遣社員には「正式」の送別会を開きにくい事情がある。

   J-CASTニュース会社ウォッチ編集部の取材に応じた元大手新聞記者はこう語る。

「私がいた部の親睦会費は社内では平均的な額で、部長が毎月4000円、課長が3000円、ヒラが1000円でした。カネを多く出す者の発言力が強いため、派遣社員を部の宴会に呼ぶかどうかは部長の一存で決まります。部長に気を使うのも嫌なので、派遣社員の送別会は、少人数の有志だけでやっていました」

親睦会費の問題についてはこんな怒りの意見があった。

「親睦会費がどーたらこーたら言うけど、毎月の一人頭は微々たる額だろ。で、それは派遣さんも良くやってくれた協力の上でのお給料だろ? ケチケチしないで送別会くらいやってやれよ、ちっちぇえな!」

   ところが、意外なことに派遣社員自身は「開いてほしくない」という人が多いことが目立つ。その理由はこうだ――。

「煩わしさから解放されたくてわざわざ派遣社員として働いているのに、『派遣社員も歓送迎会するべき!』なんて流れになったら、迷惑な話だ」
「ぜひ開かないで下さい。我々は人ではなく期間限定の労働物ですので、謹んで御辞退申し上げます。ただ、正社員様の異動の際に半強制での参加や餞別の拠出を強いるのは止めて下さい」

正社員だった会社を退職、派遣社員として数社の勤務歴がある人も語った。

「派遣社員は、義理で社員さん達とのイベントに参加しなくてもいいところが利点と感じています。個人的には、去る者がお世話になった方々にきちんとご挨拶をして去ればいいと考えます」
「じつは有志で、というのも困るんですよ。やらない人が如何にも...... という感じで場が微妙な雰囲気になる。派遣社員は外部の方なので、きちんとケジメをつけるべき。差別ではなく区別。サラリとした付き合いで十分なはず」

ドライな人間関係が派遣のメリットというわけだ。ワンクリック投票の中では「有志とか、やりたい人が開けばいい」という声が圧倒的に多かったが、それに疑問を投げかける意見もあるから、つくづく送別会は難しい。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中