2019年 11月 15日 (金)

働く女性に朗報!「子連れ出勤OK」タマホームのチャレンジ 子どもが遊び回る職場をルポ

印刷
建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   子どもを保育園や学童保育などに預けられず、仕事を休まざるを得なくなった時、職場に連れて行くことができれば、と思う親は多いのではないだろうか――。

   そんな社員のために住宅建設・設計大手のタマホームは、2018年4月から「子ども同伴」の勤務制度を全国の本社・支店でスタートさせた。

   とはいえ、子どもが職場にいても仕事に差し障りはないのだろうか、気になるところ。J‐CASTニュース会社ウォッチ編集部記者が、子どもが遊び回る職場をルポした。

  • 職場のキッズスペースで絵本を読んだりしている遠藤あさひちゃん
    職場のキッズスペースで絵本を読んだりしている遠藤あさひちゃん

「職場が和み、雰囲気が明るくなった」

   職場に子どもを連れてきてもいい対象者は、2歳から小学校卒業までの子どもで、(1)認可保育園に入れず、待機児童になってしまった場合(2)子どもの学校などの長期休暇や特別休暇に、子どもの預け先を確保できないなどの緊急時(3)事前に上司に連絡のうえ、許可を得る――などの条件をクリアした場合。

   J‐CASTニュース会社ウォッチ編集部の取材に応じたタマホーム経営企画部広報・IR課(当時)の佐々木美紀さんによると、「新卒で入社した社員が出産適齢期に入り、育休中の人や復帰した人の声を聞くと、子育てをしながら昇格を目指して意欲的に働きたい社員が予想以上に多いことがわかりました。当社の『ハッピーライフのためにハッピーホームを提供する』というモットーのもと、子どもは社会が育てるという考えから、子連れ同伴の導入を決めました」という。

   本格導入を前に、2017年12月から10の支店で試験的に導入し、社員の意見を聞いた。すると、「子どもを連れてきた社員が仕事に集中できず、周囲に気を使う」「客との商談に支障が出る」などの反対意見があったものの、「職場が和み、雰囲気が明るくなった」「商談中に客の子どもと一緒に遊び、客にも喜ばれた」「社員が育児を理由に退職することを防げる」などと、半数以上の人が賛成だったという。

   佐々木さんはこう語る。

「『業務に支障が出なかった』と回答した人が多く、想定より子どもが大人しく過ごしていようです。当社は住宅展示場という性質上、お子様連れのお客様が多く来場されます。打ち合わせ中に過ごすキッズスペースが各店にそろっているので、社員の子どもも使う環境がそろっています。同時に、社員の多くが店内に子どもがいる状況や見守りに慣れているため、子連れ出勤を受け入れやすいかったことがあるでしょう」
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中