2021年 1月 17日 (日)

社員の不祥事 「火消し」に失敗しないために、社長が打つべき一手とは?(大関暁夫)

家計を圧迫する固定費支出!保険の見直しで貯蓄率UPできるかも!?

気になるジャニーズ事務所の今後

   遅まきながら、その点に気がついたK社長は、客足が激減したことを受けて、各現場で事件についての意見交換を実施しました。なぜ事件は起きたのか、今回のようなことを再発させないためにどんな意識で日々を送るべきなのか、事件の当時者企業としてお客様に対して、いま何をするべきなのかなどについて、社長も入って膝を詰めて話し合うことで他人事のようなムードは一変し、皆が事件について改めて重く受けとめ、自らの対応を考える機会を得ることができたと言います。

「たとえ社員のプライベートな不祥事であっても、当社の社員が引き起こしたとお客様が知れば、それを会社と引き離しては考えてくれません。我々は、不祥事は不祥事として他人事にすることなく受けとめ、誠意を持ってお客様に向き合っていくことの大切さを学びました。自己中心にモノを考えるのではなく、いい事も悪い事もお客様はどう見ているのかを最優先で考えて対応しなくてはいけないと痛感した次第です」

   企業経営者は不祥事からはどうしても逃げたいと思いがちですし、それが社員のプライベートなことであるならなおさら、無関係を装いたいと思うのが常かもしれません。

   しかし周囲、特にお客様はどのように見ているのか、それを忘れてビジネスは成り立たないということを、経営者は肝に銘じる必要がありそうです。 TOKIO、山口メンバーの一件に関しては、所属のジャニーズ事務所の対応が気になるところです。(大関暁夫)

大関暁夫(おおぜき・あけお)
スタジオ02代表。銀行支店長、上場ベンチャー企業役員などを歴任。企業コンサルティングと事業オーナー(複合ランドリービジネス、外食産業“青山カレー工房”“熊谷かれーぱん”)の二足の草鞋で多忙な日々を過ごす。近著に「できる人だけが知っている仕事のコツと法則51」(エレファントブックス)。連載執筆にあたり経営者から若手に至るまで、仕事の悩みを募集中。趣味は70年代洋楽と中央競馬。ブログ「熊谷の社長日記」はBLOGOSにも掲載中。
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中