2021年 5月 8日 (土)

ウイリアム王子は喜んだ?「ハゲ特効薬」発見に英国紳士の意外なリアクション(井津川倫子)

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

薄毛界の新ヒーローはウイリアム王子!

   薄毛に悩む英国紳士たち。さぞかし、「治療薬発見」のニュースに沸き立っているのかと思いきや、意外にも慎重な反応が目立ちました。

   これまで何度も「新治療法発見!」のニュースに踊らされてきたので、「もうだまされないぞ!」という防衛本能が働いているのでしょうか。専門家たちのクールな反応をご紹介します。

   I don't think it can be happen in the short time

   (すぐに治療法が見つかるとは思わないね)

   Don't rush in.

   (あわてるな!)

   Wait and see.

   (様子を見よう)

   そんな中、「薄毛」に悩む人たちから「新しいヒーロー」と称賛されている人がいます。英国のウイリアム王子です。

   以前から「薄毛」が目立っていたウイリアム王子ですが、2018年1月、思い切って頭髪をすべて剃ったスキンヘッド姿で公務に現れました。王子のスキンヘッド姿は瞬く間に世界中に拡散され、SNS上で話題になりました。好意的に受けとめられているようです。

   He looks "a million times better" with his bald look.

   (スキンヘッド姿のほうが、100万倍ステキに見える!)

   「似合う」「似合わない」といった見た目もさることながら、王室の一員が「いさぎよく薄毛を認めた」ことが、薄毛に悩む人たちの共感を得たようです。

   ウイリアム王子には、さっそく新しい称号が与えられました。

   Prince William the Bald(ウイリアム薄毛王子)

   ちなみに、歴史の教科書に出てくる歴代の英国王のニックネームはこんな感じです。

   King William of orange(ウイリアムオレンジ王)

   King Richard the lionheart(リチャード獅子王)

   ウイリアム王子が王位を継承した後は、King William the Bald(ウイリアム薄毛王)として後世に名を残すのでしょうか。さすがにちょっと複雑な気分です。

kaisha_20170303104637.png
井津川倫子(いつかわりんこ)
津田塾大学卒。日本企業に勤める現役サラリーウーマン。TOEIC(R)L&Rの最高スコア975点。海外駐在員として赴任したロンドンでは、イギリス式の英語学習法を体験。モットーは、「いくつになっても英語は上達できる」。英国BBC放送などの海外メディアから「使える英語」を拾うのが得意。教科書では学べないリアルな英語のおもしろさを伝えている。
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中