2018年 12月 11日 (火)

チャイナモバイルが日本法人を設立 訪日旅行者向けサービス強化

印刷

   世界最大規模で、中国の通信事業者のChina Mobile Communications Corporation(チャイナモバイル)は、100%子会社の日本法人「China Mobile International Limited(チャイナモバイル・インターナショナル)」(東京都港区)を、2018年5月25日に設立した。

   2020年の東京五輪・パラリンピックの開催に向けて、訪日旅行者へデータローミングサービスなどを提供するとともに、日本に進出する中国企業や海外に進出する日本企業へのサポート体制を強化することが目的という。

  • チャイナモバイル日本法人の開所式で。(左から)チャイナモバイル・インターナショナルの李鋒・董事長兼最高経営責任者、在日中国大使館の宋耀明・経済商務公使、総務省の高木誠司・国際戦略局次長、チャイナモバイルの簡勤・副社長、チャイナモバイル・インターナショナル・日本オフィス統括責任者の浜田明氏。(チャイナモバイルのホームページより)
    チャイナモバイル日本法人の開所式で。(左から)チャイナモバイル・インターナショナルの李鋒・董事長兼最高経営責任者、在日中国大使館の宋耀明・経済商務公使、総務省の高木誠司・国際戦略局次長、チャイナモバイルの簡勤・副社長、チャイナモバイル・インターナショナル・日本オフィス統括責任者の浜田明氏。(チャイナモバイルのホームページより)

グローバル企業の「通信の架け橋」を構築

   5月23日に開かれた日本法人の開所式には、駐日中国大使館の宋耀明・経済商務公使や総務省の高木誠司・国際戦略局次長、チャイナモバイルの簡勤・副社長、チャイナモバイル・インターナショナルの李鋒・董事長兼最高経営責任者(CEO)が出席した。

   チャイナモバイルの簡勤・副社長は、

「日本法人を設立したことで、情報通信インフラの相互接続性の促進および、5Gネットワークやモノのインターネットをはじめとする新技術の連携を推進していきます。日本オフィスでは、日本に進出する中国企業に対してローカライズされた高品質な通信ネットワークサービスを提供するとともに、中国、アジア、欧州諸国で拠点を拡大する日本企業に対しても、通信の架け橋を構築していきます」

   と話した。

   チャイナモバイル・インターナショナルは、香港に本社を置き、現在20か国・地域で事業を展開している。世界中で40の海底・陸上ケーブル、138か所のアクセスポイントを展開しており、今後3年間で10のグローバルデータセンターを構築することを目指している。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • ついに第1号か!? GDPR違反で巨額制裁金 課される企業はあの......

  • 「就活応援」トークライブ北条かや×石渡嶺司の「会社に騙されないシューカツ」

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中