2018年 12月 13日 (木)

違法建築疑惑のレオパレス21、ネットに怒りの声 発覚翌日、「IT経営で表彰」と自画自賛って......

印刷

   賃貸アパート大手のレオパレス21が2018年5月29日、施工したアパートに建築基準法違反の疑いがある不備が見つかり、約3万8000棟を調査すると発表した事件が波紋を広げている。

   インターネットでは「日大より、こっちのほうが問題大きいだろw」「レオパレス伝説は仕様じゃなくて手抜きだったんだ」などと批判が沸騰している。また、入居者ばかりでなく、関連の下請企業が約4000社以上に達し、総計18万6000人の従業員の生活にも悪影響を与えそうだ。

  • 問題のアパートの構造図。屋根の部分の「界壁」ないため新設するという(レオパレス21の公式サイトより)
    問題のアパートの構造図。屋根の部分の「界壁」ないため新設するという(レオパレス21の公式サイトより)

突然の会見は「ガイアの夜明け」にスクープされたから?

   レオパレス21は5月29日、東京都内で記者会見を開き、田尻和人専務らが「計206棟のアパートで施工不良を確認した。当社に施行管理責任がある」と謝罪した。

   施工不良が見つかったのは、1996~2009年に施工したアパートの6シリーズで、「界壁」(かいへき)と呼ばれる防火部材(構造図参照)が天井裏に設置されていなかったり、十分な範囲に設けられていなかったりしていたという。

   建築基準法では、火災時の延焼を防ぐために、界壁を天井裏に設置するよう定めている。同社は、2019年6月までに対象のアパート全3万7853棟を調査。不備があるアパートは改修する。

   また、これとは別に1994~95年に施行した2シリーズでも、調査した184棟のうち168棟に界壁がなかったという。

   では、以前からこれだけ広範な範囲に施工不良のアパートが見つかっていたのに、レオパレス21が29日になって突然会見を開いたのはなぜか――。じつは、同社の公式サイトをみると、今年4月27日付で「当社一部物件における確認通知図書との相違部分に関する補修工事の実施について」というお知らせが掲載され、ほぼ記者会見と同じ内容が書かれている。

   そして、「今年3月と4月に2名のオーナー様からご指摘を受け...... 界壁設置工事を行なうことにして...... 公表する次第です」と経緯を説明している。

   しかし、これでは一般の人にはほとんど伝わらない。クルマのリコールでも記者会見を開き、報道機関に知らせるのが常識だ。ネット上では、レオパレス21が緊急会見を開いた背景には、テレビ東京の報道番組「ガイアの夜明け」がこの問題を取り上げたからだ、と指摘する声が多い。

   「ガイアの夜明け」は、ちょうど会見と同じ29日夜10時放送で、「スクープ!レオパレス21『違法建築』疑惑」と題して、レオパレス21の内部文書を入手し、全国各地で「界壁」のないアパートを20年間も放置していた実態を報道した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • ついに第1号か!? GDPR違反で巨額制裁金 課される企業はあの......

  • 「就活応援」トークライブ北条かや×石渡嶺司の「会社に騙されないシューカツ」

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中