2018年 12月 13日 (木)

ウロウロ、キョロキョロ「あっ、万引き!」AIカメラが事前に検知、店員に通報

印刷

   カンヌ国際映画祭でパルムドールを受賞した是枝裕和監督の映画「万引き家族」が2018年6月8日から公開された。万引きで生活をする家族の物語だ。「盗まれたのは絆だった」という美しい宣伝文句がウリだが、商品を盗まれる店側はたまったものではない。

   そんななか、AI(人工知能)を搭載したカメラが万引きにつながる怪しい行動をとる客を検知し、店員に知らせるシステムが開発され、6月下旬から全国の小売店向けに提供を開始する。

  • 「AIガードマン」の仕組み(NTT東日本・アースアイズのプレスリリースより)
    「AIガードマン」の仕組み(NTT東日本・アースアイズのプレスリリースより)

不審行動を「白」「イエロー」「レッドカード」の3段階で警告

   この万引き防止システムの名称は、「AIガードマン」。NTT東日本と防犯を中心とするITベンチャー「アースアイズ」が共同で開発した。万引き被害は、小売業の売上高の約1%、年間約4000億円に達する推計されており、両社は今後3年間で全国の1万店舗への導入を目指している。

   「AIガードマン」は、AIを搭載したカメラが店内を常に監視、客がキョロキョロ、ウロウロするなど不審な行動をとると、すぐに検知し、店員のスマートフォンに知らせる。

   その際、怪しい客がいる場所も知らせるため、店員が現場に駆け付け、「いらっしゃいませ! 何かお探しでしょうか?」と声かけをして、客に万引きを思いとどまらせることを狙っている。

   また、店員が客の万引き行為をいちいち警戒する必要がなくなるため、その分の保安要員や時間などが浮くことにもつながる。

   それにしても、どうやって万引きをしそうかどうか、怪しい行動を判断するのだろうか。ただ、キョロキョロ、ウロウロするだけでは、商品を探す客なら誰でもやりそうだが...... J‐CASTニュース会社ウォッチ編集部の取材に応じた「アースアイズ」の広報担当者はこう説明した。

「じつは、当社代表の山内三郎が、以前から小売店舗の万引き防止セキュリティー事業を行なっており、山内自身も実際に万引き摘発Gメンを経験しています。ですから、万引きをする際の動きの膨大なデータを蓄積しており、『AIガードマン』に生かされているのです」

   具体的には、キョロキョロ、ウロウロする回数や動きの強さ、また背後を気にしたり、店員のいる方角を見やったりするなどの、不自然な行動が要注意になる。

   一か所に立ち止まったり、しゃがみ込んだりする行動も怪しい。客がこうした行動を始めると、まず画面の客の画像に白枠が出る。さらに不審行動が続くと黄色い枠、そして最後に赤い枠が出て、店員への警報となる。サッカーのイエローカード、レッドカードと同じ仕組みだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • ついに第1号か!? GDPR違反で巨額制裁金 課される企業はあの......

  • 「就活応援」トークライブ北条かや×石渡嶺司の「会社に騙されないシューカツ」

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中