2018年 10月 20日 (土)

方向感乏しい相場も、「粘り」の早稲田が底力発揮 明治と慶応は?

印刷

   ドル円相場は109円台半ばを境に、もみ合う展開となった。2018年6月3日に開催された米中通商協議で具体的な進展がなかったことやトランプ米大統領が欧州連合(EU)やカナダ、メキシコからの鉄鋼・アルミ輸入に対する追加関税を1 日から実施したことを受けて、貿易摩擦への懸念が強まり109円台前半まで下落した。

   ところが、米国の10 年国債の利回りが上昇すると1ドル109 円台後半まで反発。6月5 日には一時110円を上回る場面も。その後は好調な米国景気を背景にドルが買われたかと思えば、貿易摩擦への懸念からドル売りが優勢になるなど、方向感に乏しい相場となった。

   そうしたなか、早稲田大の惟光が動く。これまで保持してきた「買い」ポジションを決済。一方、明治大のRWはやや後退。慶応大の石油王は前週からの円安傾向に「110円が壁」と読み、取引を控えた。

  • 早稲田の底力!
    早稲田の底力!

FXで「うねり取り」を実践 その結果、待ちに待って......(早稲田)

6月1日(金)

   週足チャートを見ると、ここ2か月は長期的な上昇トレンドが形成されていたが、先週から今週にかけて短期的な下降トレンドが形成された。そして今週の週足は陰線(始値に比べて終値が安かった状態にあること)とはなったものの、長い下ヒゲをつけている。これを、私見では「ドル売り円買い」の流れが滞りはじめ、上昇トレンドへの再スタート契機ではないかと考えた。

   日足チャートを見ると、5月29日、5月30日、5月31日に108円前半へ割り込むものの反発して、長い下ヒゲをつけるロウソク足となっている。いずれの日も108円70銭までにはロウソク足の実践の下端部が収まり、長い下ヒゲをつけている。下げの動きに対しては抵抗力が働き、下げ止まっているようだ。

   今週の半ばには108円台まで割り込む局面もあったが、現在に至っては109円台まで回復してきている。5月21日につけた111円台まで回復するにはまだ時間がかかるかもしれないが、日足における下げ続きの傾向は、終わりを迎えているのではないだろうか。

   「三月またがり60日」の格言に従い、まだポジションを決済するには早いと踏んだ。とはいえ、格言が絶対の正解ではない。ときには格言どおりの値動きをしないこともある。正直、先週から今週にかけての下落相場では、もう長期の上昇トレンドは終わったのかと思ったが、週足・日足の両方の下ヒゲが、いまだトレンドの中途である可能性を示している。したがって、買いポジションの決済は見送った。

6月8日(金)

   この日、これまで保有し続けてきた「買い」の750ドルを、利食いするために決済した。きょうを決済のタイミングと判断したのには、こんな理由がある。

   日足のロウソク足チャートを見ると、5月2日、5月21日、6月6日の三日を頂点として、三尊天井(高値圏で見られる形状の一つで、3つの山形で中央の山が最も高くなる。この形状が現れると、それまでの上昇相場が終了して、今後近いうちに下降局面に入ることを示すとされる)が形成されている。一つ目の山の底である5月4日の安値を、二つ目の山の底である5月29日の安値が割り込んでいる。さらに三つ目の山の頂点が6月6日に迎えられ、以後2日間値を下げ続けたから。つまり、これまで波乗りしてきた上昇トレンドが今後大きく折り返し、強く下げはじめると考えた。

   17時33分、1ドル109.343円で750ドルを売った。実現損益がプラス221円でスワップの合計が179円。合せてプラス400円となった。

   いままで、長期的なうねりを取っていくことを目標としてきた。この手法は林輝太郎氏が1998年に執筆した「うねり取り入門」(同友館)を読んで学んだものだ。この本はあくまで株式市場において、うねり取りが有効であることを説いたもので、FXにおけるうねり取りを解説したものではない。

   しかし、人間の感覚や相場が「3月またがり60日」に自然と、いや不思議と、従っているのであれば、FX市場においても「うねり取り」は通用するのではないかと考え、実践してきた。

   これまで波に乗ったのは2度。1回目は乗りはじめるのが遅く、結果的にマイナスにはなったものの、波を意識し乗ることはできた。そして今回は、乗るだけでなく利益を勝ち取ることができた。

前週からの損益 プラス400円
6月8日現在  9206円

見誤った? 損切りライン(明治)

6月6日(水)

   この日の昼12時頃に、ドル円相場は1ドル110円を上に突破しそうだった。しかし、以前のように110円のラインで反発して円高に移るのではないかと考えた。なので、この110円のラインで、「売り」でポジションを持った。

   ところが、その考えとは裏腹に110円のラインを突破して110.2円付近にまで到達し、レンジ相場となった。この時点でも上昇トレンドであり、上にブレイクする可能性が高いと思ったので、110.185円で損切りした。

   そのあと、結果的には円高の方向に進んでいった。この損切りは悪い選択ではなかったと思うが、110円に値が戻ったりもしていたので、損切りのラインをもっといい時点でできていたのではないかと思うと、ちょっと残念だ。

前週からの損益 マイナス185円
6月8日現在   9512円

円安傾向も、110円が「壁」と見た!(慶応)

6月4日(月)

   前週からの流れで全般的に円安傾向ではあるものの、現在109円台後半であり、キリのいい110円の水準に注文が溜まっていて「壁」となりそうだ。

   このまま円安が進んでもいったんは110円で止まる可能性が高く、大きな値幅は期待できないと考え、この日は取引を見送った。

前週からの損益 プラス・マイナスゼロ
6月8日現在  1万2561円

プロフィール
早稲田大学 惟光
早稲田大学文学部2年、埼玉県出身。尊敬する人は、「投資の神様」ウォーレン・バフェットに紫式部! 旅行や写真が大好きで、サバの竜田揚げも大好き。 将来は「チャンスを平等にすることがしたい!」という。これまでFXはスキャルピング(ポジション保有後、短時間の内にわずかな価格変動から儲ける方法)で取引していたが、最近はスイングトレードに転向した。仮想通貨の取引も始めるなど、投資への関心は強く熱い。
明治大学 RW
明治大学総合数理学部2年、長野県出身。好きな歌手は、乃木坂46。趣味は映画観賞や乃木坂46が出ている番組の視聴で、週末などに楽しむ。将来は、IT系の仕事に就きたいと考えているが、今は単位を落とさないようにするのに必死。(笑)株式投資からスタートし、最近はビットコインを少々カジッたところ。為替相場は株式投資にも影響する大きな材料。FX投資はデモ口座でやったことがある程度だが、大学対抗戦となれば、話は別。経験を積みながら、トップを狙う。
慶応大学 石油王
慶応大学商学部3年、京都府出身。好きな歌手はCHEMISTRY。将来は証券ディーラーになりたい! 小学生のとき、父のFX投資を間近に見ていたことをきっかけに、為替に興味を持つ。中学1年のときのリーマンショックで怒涛の円高を目の当たりにし、この時に円を売っていれば大儲けできたのではないか、と気付いたという筋金入りのFX投資家。現在はテクニカル分析と呼ばれる、チャートの形状を判断材料としてトレードする手法を研究中。為替相場の世界で大成功を収めることを夢見て、日々精進中という。
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中