2018年 7月 22日 (日)

経営者の方針「わかってる」わずか3分の1 上司の「ある行動」で理解度は上がる!?

印刷

   経営者の考えている方向性を理解している社員は33.6%しかいないことが、組織マネジメントなどのタバネル(大阪市北区)の「社員意識とフィードバックの関係についての調査」でわかった。2018年6月26日の発表。

   経営者の考えている方向性の理解には、直属の上司からのフィードバックの「頻度」が大きく影響しているという。

  • 社員は「経営者の考え」を理解しているのだろうか?
    社員は「経営者の考え」を理解しているのだろうか?

フィードバック「あり」と「なし」では5倍の差

   調査によると、全国の20~59歳の会社員128人に「経営者の考えている方向性を理解しているかどうか」聞いたところ、「理解している」に「おおいにあてはまる」と答えた人は6.3%、「ややあてはまる」が27.3%で、合わせて33.6%の人が「あてはまる」と回答した=円グラフ参照

kaisha_20180702183124.jpg

   一方、「まったく当てはまらない」は10.9%、「あまりあてはまらない」が17.2%で、合わせて28.2%の人が「あてはまらない」と答えた。

   また、「経営者の考えている方向を理解している」との問いに、直属の上司から月1回以上フィードバックを受けていると回答した人のうち、「大いにあてはまる」と答えた人は14.5%、「ややあてはまる」が40.0%で、合計で54.5%が「あてはまる」と回答。その 一方で、直属の上司からのフィードバックが月1回未満の人は、「大いにあてはまる」が0%、「ややあてはまる」が29.6%。さらに直属の上司からのフィードバックを受けていないと回答した人は「大いにあてはまる」0%、「ややあてはまる」は10.9%だった。

   直属の上司から「フィードバックを月に1回以上受けている人」は、「フィードバックを受けていない社員」の約5倍多く経営者の考えている方向性を理解していることがわかった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中