2018年 9月 23日 (日)

異例づくめ、不正流出のMTGOX「再生」手続き ビットコインでの弁済を提案

印刷

   ビットコイン(BTC)取引所の「Mt.Gox」を運営していたMTGOX(東京都渋谷区)は2018年6月22日、東京地裁から民事再生手続きの開始決定を受けた。破産手続きを進めていたが、BTCのレートが破産時の1 BTC 5万円から、17年12月には200万円超に急騰したことで事態が一変した。

   企業情報の東京商工リサーチは7月2日付の「データを読む」で、「MTGOXの破たん処理は、すべてが異例ずくめだ」と報じた。

  • ビットコイン流出のMTGOX、再生手続きは異例づくめだ。
    ビットコイン流出のMTGOX、再生手続きは異例づくめだ。

債権者側が再生計画案を作成

   MTGOXは2014年2月に仮想通貨のビットコイン(BTC)の不正流出で、民事再生法の適用を申請。その年の4月には東京地裁から再生手続きを棄却され、破産手続きを進めていた。ところが、BTCの価値が破たん処理のあいだに2000億円超に膨らんだことから、債務超過から大幅な資産超過となった。

   債権者に100%配当が実現できる見通しになったため、破産手続きを中止して民事再生に移行する。

   東京商工リサーチによると、破産手続きではBTCを現金に換金して配当するが、破産時のレートが配当基準額で、BTC価格が高騰しても配当は倒産時の約5万円となるため、17年11月に一部の債権者がBTCでの配当が可能な民事再生法の適用を申し立てた。東京地裁はこれを受けて、民事再生手続きの開始を決めた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【9月28日開催】中小企業の役員・総務担当者はマスト! 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中