2018年 9月 23日 (日)

住友生命とソニー生命、米ドル建て保険で業務提携

印刷

   住友生命保険とソニー生命保険は2018年7月4日、米ドル建て保険の販売で業務提携すると発表した。19年1月をめどに、住友生命は約3万人の営業職員を通じて、ソニー生命の米ドル建て終身保険、米ドル建て養老保険を販売する。両社は今後もさらなる協力関係を構築するとともに、企業価値の持続的向上に資する検討を行っていくとしている。

  • ソニー生命の外貨建て保険を、住友生命が売る!
    ソニー生命の外貨建て保険を、住友生命が売る!

ソニー保険、住友生命の3万人の「営業力」を活用

   今回の業務提携で、住友生命はソニー生命の外貨建て保険を販売することで、販売手数料を得るほか、外貨建て保険をメニューに加え、商品ラインアップを拡充できるメリットがある。

   一方、ソニー生命は長引く低金利環境のなか、分散投資によるリスク軽減や安定志向の顧客ニーズに応えるため、日本円より金利が高く、世界の基軸通貨である米ドル建て保険を推進。住友生命の販売網を活用することで、さらなる売り上げ増が見込める。

   両社は双方の弱みを補いつつ、今後の成長を向けて協力関係を構築する。

   生命保険会社は2016年2月からの日本銀行のマイナス金利政策で、日本円で運用する保険商品の利回りが伸び悩み、不振が続いている。そうしたなか、保険会社の多くが外貨建て保険商品の開発、投入。この分野を伸ばすことで、販売の落ち込みを食い止めていく。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【9月28日開催】中小企業の役員・総務担当者はマスト! 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中