2018年 8月 16日 (木)

「働く母親」7割突破に複雑 そう「せざるを得ない」からでは......?

印刷

   18歳未満の子どもを持つ母親が仕事をしている割合が、初めて7割を超えた。厚生労働省が2018年7月20日に公表した「2017年の国民生活基礎調査」でわかった。

   調査によると、2017年に18歳未満の子どもがいる世帯のうち、母親が仕事をしている世帯は70.8%と、前年と比べて3.6ポイント増えた。統計がある04年以来、初の7割超えで「上昇傾向」(厚生労働省)にある。「仕事なし」は29.2%。

  • 働く母親、7割超す!
    働く母親、7割超す!

「子育て世帯の平均年収が740万もあることに驚き」

   調査によると、18歳未満の子どもを持つ母親の内訳は、「正規」が24.7%、「非正規」は37.0%、自営業など(その他)は9.1%だった。

   1世帯あたりの平均所得は、2016年で前年比2.7%増の560万2000円。子育て世帯では4.6%増の739万8000円にのぼる。65歳以上の高齢者世帯では、3.4%増の318万6000円だった。給与水準の上昇が、平均所得が増えた要因。また、仕事をする母親が増えている背景について、厚労省は「育休制度などが普及し、子どもを持つ母親が働きやすい環境が整いつつあるのではないか」と分析している。

   このニュースに、インターネットの掲示板などでは、

「いまの時代、独身だけど俺の稼ぎじゃ家族は養えない」
「子育て世帯の平均年収が740万もあることに驚き」
「むかし父ちゃん600万、母ちゃん専業。今、父ちゃん300万、母ちゃんも300万。誰がトクしてんだ?」
「いや、働くっていうより、働かざるを得ないんだろ...... 40代の給与は下がり続けてるし、子供2人とか絶対に無理!」
「いまは貧困型共働きが多い。保育園や学校に入れるためだけに働く。教育費がかかりすぎる」

などといった嘆く声が寄せられる。

   なかには、

「子供が学校から帰ったら家にいてやってほしい。オレのご飯つくってお帰りって言ってほしい。その分ちゃんと稼ぐわ」

というような男性の声がある半面、

「働くママのフォローは男性社員がやらされます」

といった愚痴もみられた。

   なお、調査は2017年6~7月に実施。約6万1000世帯に就業状況を、このうち約9000世帯には前年の所得状況も聞いた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【限定30名】スマホでわかるGDPR入門セミナー~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中