2020年 8月 8日 (土)

「デートに行ける」作業着がバカ売れ! 女性目線で進化した水道工事会社

毎日酷使する現代人の目にビルベリー由来アントシアニン!

   ワークウェア(作業着)業界に、ブレークを予感させる新しい風が吹いている。それが、「WORK WEAR SUIT (ワークウェアスーツ)」と呼ばれるスーツ型作業着。「スーツを作業着に」というコンセプトのもと、水道工事事業の社内用ユニフォームとして開発された作業着が、会社や業界の枠を超えて、今、大きく注目されている。

   このワークウェアスーツを着想し、開発したオアシススタイルウェア(東京都豊島区)の中村有沙(ありさ)社長に話を聞いた。

  • こんな「作業着」を着た人と仕事終わりにデートしたい(オアシススタイルウェアの中村有沙社長)
    こんな「作業着」を着た人と仕事終わりにデートしたい(オアシススタイルウェアの中村有沙社長)
  • こんな「作業着」を着た人と仕事終わりにデートしたい(オアシススタイルウェアの中村有沙社長)

若手人材の確保狙い、「カッコいいユニフォームにしたいね」

   ――オアシスグループ傘下のオアシスソリューションの人事担当から、「オアシススタイルウェア」の社長に就任されたとのこと。その経緯について、教えてください。

中村有沙社長「新卒で水道工事やメンテナンス事業を営むオアシスソリューションに入社して4年間、水道工事部門で営業をしていました。会社に人事部がなかったこともあってか、今より離職率も高かったので、グループ代表の関谷(有三氏)に『人事部をつくりましょう』と打診したことで、それから3年間は人事担当として、採用や研修制度を整備してきました。
その一方で、2016年に会社の作業用ユニフォームを刷新するプロジェクトが立ち上がりました。そのプロジェクトがすべての始まりといえると思います。1年後の12月、プロジェクトで開発した、新しいユニフォーム(ワークウェアスーツ)を法人や一般の方々に販売するため、子会社としてオアシススタイルウェアを立ち上げ、同時に社長に就任しました」

   ――新たな「ワークウェアスーツ」は「女性目線」でつくられたとお聞きしました。どのようなことを意識されたのでしょうか。

中村社長「オアシスソリューションが若手人材の採用に苦戦していたこともあり、『カッコいいユニフォームにしたいね』と話していました。最初は代表自らがプロジェクトを進めていたのですが、なかなか形になるまでに至らず、『女性目線で考えてほしい』と、私が担当することになったんです。
『仕事が終わった後、女性が一緒にデートに行きたくなるような作業着にしてほしい』というのが、代表からの注文でした。女性開発チームで何度も話し合って、たどりついたのは『やっぱりスーツやジャケットを着た人とデートしたいよね』ということに。そこでスーツ型の作業着がつくれないか、ということになりました。試行錯誤を繰り返し、2017年の秋にようやく完成。やった! という達成感というか、メンバーもうれしそうでしたね。さっそく社内でワークウェアスーツを導入。社員がそれを着て現場へ出向いて仕事をするようになると、取引先や、同業者からも問い合わせが来るようになりました」
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中