2021年 1月 25日 (月)

世界一カッコイイ、元祖「お騒がせ女王」 「還暦」マドンナのホンネに注目(井津川倫子)

全国の工務店を掲載し、最も多くの地域密着型工務店を紹介しています

マドンナと故アレサ・フランクリン、意外な関係?

   元祖「お騒がせ女王」は、還暦を迎えても世間が放っておいてくれません。

   先日、米国で開催されたビデオミュージック授賞式にプレゼンターとして出席したマドンナのスピーチが、世間を「騒がせて」いるのです。故アレサ・フランクリンへの追悼スピーチが、「追悼になっていない!」と多くの批判を集めることとなってしまいました。

   マドンナはスピーチの中で、アレサ・フランクリンがいかにマドンナのキャリアに影響を与えたかを語りました。

   デビュー前に受けたオーディションで、アレサ・フランクリンの歌を歌ったことが彼女の人生を変えたことを紹介。それまでプロのダンサーを目指していたマドンナが、歌手として生きる道をつかむきっかけになったと語ったのです。

She led me to where I am today.
I want to thank you Aretha for empowering all of us.
(彼女が、私を今いる場所に導いてくれた。私は、アレサが私たち全員に力を与えてくれたことに感謝をします)

empower:(動詞)活力を与える、エンパワー

   アレサがいなければ、今の自分はない。アレサのおかげで、無一文だった無名の自分にスターへの道が開けたと、人生の道筋を変えてくれたアレサへの感謝のことばでスピーチを締めくくりました。

   ところがこのスピーチ、想定外の「騒ぎ」を引き起こしてしまいました。5分間のうち、ほとんどがマドンナ自身のキャリアについて語っていて、「アレサへの追悼のことばが足りない」と、ネット上に非難の声があふれてしまったのです。

kaisha_20170303104637.png
井津川倫子(いつかわりんこ)
津田塾大学卒。日本企業に勤める現役サラリーウーマン。TOEIC(R)L&Rの最高スコア975点。海外駐在員として赴任したロンドンでは、イギリス式の英語学習法を体験。モットーは、「いくつになっても英語は上達できる」。英国BBC放送などの海外メディアから「使える英語」を拾うのが得意。教科書では学べないリアルな英語のおもしろさを伝えている。
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中